2010.06.17 (Thu)

ボーフム トスキとコップリンを獲得

 ボーフムが来シーズンの戦力としてフランクフルトのファトン・トスキ(Faton Toski)とバイエルン・ミュンヘンⅡのビヨルン・コップリン(Björn Kopplin)を獲得しました。

 トスキはボーフムとは2011年6月までの契約を結びました。ボーフムが来シーズン1部に昇格した場合は契約期間は2年間延長となります。トスキは、現在23歳のMFでU-19代表として5試合出場(1ゴール)の経験があります。2006年3月にフンケル監督の下でブンデスリーガデビューを果たし、その後27試合に出場し3ゴールを決めています。しかし、フンケルの後任となったスキッベ監督の下では活躍できず、レギオナルリーガで17試合に出場しただけにとどまっています。ただし、これは単に監督との相性の問題であり、彼のテクニックはフンケルの元では再び輝きを取り戻すのではないでしょうか。16年間在籍したフランクフルトを離れるという決断をしたということは、それなりの決意をもってボーフムへやってくるはずです。

 また、ボーフムはコップリンと2012年6月までの契約を交わしています。コップリンは、現在、19歳でU-19ヨーロッパチャンピオンのメンバーでもあります。昨シーズンはドリッテリーガで34試合に出場しています。コップリンは非常にスピードがあり、4バックの左右どちらのサイドもできるということですぐにでも活躍の場はありそうです。バイエルンからボーフムに来てブレイクした選手といえばミシモヴィッチが思い浮かびます。ポジションや特徴こそ違いますが、コップリンはミシモヴィッチと同じような活躍を見せてくれることと思います。


スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

23:52  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

そういえば鄭大世が移籍するみたいですよね・・・
y_flugels |  2010年07月02日(金) 22:59 |  URL |  【コメント編集】

y_flugelsさん
以前から噂には出ていましたが本当のようですね。
近々正式契約を結ぶことになりそうです。
2部リーグのクラブによくぞ移籍を決めてくれました。
reis |  2010年07月03日(土) 01:58 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/282-bc7b9355

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |