--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2010.07.29 (Thu)

2010 J-League Division 1 第15節 大宮 vs. 横浜FM

 今年は例年になく仕事が暇になり、平日でも少々遅刻する程度でスタジアムにいけます。これは喜ばしいことではあるのですが、大宮がすっきりと勝ってくれないのでストレスがたまっています。しかも、今回はちょっと暴飲暴食がたたり胃腸を壊していたので少々つらい観戦となりました。



前半から横浜が優勢で試合が進みますが、チャンスで決めきれず終盤へ。80分すぎから大宮が押し込む展開になり、86分に村上がゴールを決めて土壇場で大宮がリード。しかし、ロスタイムに横浜は途中交代で入ったばかりの長谷川が同点ゴールを決めて引き分けに終わりました。久しぶりの勝利を目前で逃した大宮はショックだったでしょうが、試合を通してみれば終始横浜のペースで、何度もチャンスがあったことを考えるとむしろ横浜のほうが痛いドローだったことでしょう。
 大宮はとにかくパスミスが多すぎました。パスの出し手と受け手の意思疎通ができていないこともありますが、丁寧につなぐことにこだわりすぎているのかパスのタイミングの遅さが気になりました。そのパスミスも自陣で簡単に相手に渡してしまい一気に大ピンチとなってしまうようなものも多くヒヤヒヤしっぱなしでした。こんな試合内容で1ポイント取れたというのは上出来でしょう。試合展開によっては3ポイント取れたかもしれませんがそれは虫が良すぎます。結果はドローでしたが、サッカーの内容は今の順位どおりだったと思います。



 大宮にとって今日の試合でよかった点はゴールが決まったことでしょうか。私は大宮の得点をずいぶん久しぶりに見た気がします。しかし、チームの状態がよくなっているようには思えません。この試合など3、4失点していても不思議ではなかったと思うし、むしろまだ下降線を辿っているようにさえ思えました。
 一方、横浜は常にボールに対する動きだしの早さや1対1での局面で優位に立っていました。この試合ではベテランよりも若い選手の元気のよさを感じました。特にFWの小野は光っていました。決定的なチャンスに常に絡みあとはフィニッシュだけといったところでしょうが、これは時間が解決するのではないでしょうか。


2010 Jリーグ Division1 第15節
2010年7月28日(水), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 横浜Fマリノス 1:1 (0:0)
大宮: 北野 - 渡部, 坪内, マト, 村上 - 金澤, 青木, 藤本 (70. 杉山), 鈴木 (60. 石原) - 市川 (80. ドゥドゥ), ラファエル
横浜: 飯倉 - 天野, 栗原, 中澤, 金井 - 清水 (88. 長谷川), 小椋, 中村, 兵藤 - 小野 (69. 山瀬), 渡邉 (69. 坂田)
得点: 1:0 村上 (86.), 1:1 長谷川 (90+2.)
警告: 坪内, 藤本, 青木, 市川 - 小椋
観客: 9,981人
主審: 松尾 一

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:05  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/302-651377a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。