2010.08.15 (Sun)

2010 J-League Division 1 第18節 大宮 vs. 磐田

 今日のNACK5スタジアムの暑さは半端ではありませんでした。気温32.5℃、湿度62%とのことでしたが、無風だったせいかスタンドで観戦中も汗だらだら。プレーしている選手たちはかなり大変だったことでしょう。


 大宮は、新戦力の李天秀を早速スターティングメンバーに入れてきました。李天秀は練習生としてかなり前から練習生としてチームの練習に参加していたので連係などの問題はなかったのでしょう。ただし残念ながら最近好調のラファエルがサブにも入っていませんでした。試合後の鈴木監督のコメントによると、練習中に足首を痛めたため無理をさせなかったということでした。


 前半はどちらかといえば磐田が押し気味の展開。しっかりとパスをつなぎ攻撃を組み立ててきますが、ゴール前に入れられるクロスに正確性を欠いていたことと、大宮がしっかりと前田をマークしていたこともあってゴールは奪えませんでした。一度だけ前田に決定的なチャンスがありましたが、GKの北野がセーブされています。
 一方、大宮はボールを奪うと前線にロングボールを入れるのですが、市川とイ・チョンスでは空中戦には勝てず、ほとんどチャンスは作れませんでした。それでも、李天秀は体を入れ替えてDFの裏を取る動きなど元韓国代表の実力の片鱗を見せてはいました。


 後半の大宮は石原が入ってから攻撃ができるようになりました。空中戦に強い石原がロングボールに対して競り勝つ場面も多くなり、ボールをキープできるようになったことが大きいと思います。そうなると李天秀が本領発揮し次々と攻撃に絡んでくるようになります。しかし、時間の経過とともに暑さと疲労から選手たちの動きが目に見えて鈍ってしまい結局チャンスをものにできませんでした。
 後半は大宮にチャンスが多かっただけにドローに終わったのは残念な気がします。結果論ですがラファエルがいないのであれば前半から石原を使っていたら面白かったなとつい考えてしまいます。それと青木はもう少しシュート練習が必要なのではないでしょうか。いいプレーも多いのですがシュートをミスしてがっかりするシーンがとても多いので。


2010 Jリーグ Division1 第18節
2010年8月15日(日), 18:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジュビロ磐田 0:0 (0:0)
大宮: 北野 - 渡部, 深谷, 坪内, 村上 (82. 李 浩) - 金澤, 青木, 藤本, 鈴木 (55. 石原) - 市川 (84. 杉山), 李 天秀
磐田: 川口 - 駒野, 大井, イ・ガンジン (70. 古賀), パク チュホ - 那須, 上田, 西 (63. 菅沼), 船谷 (77. 山本) - 成岡, 前田
得点: なし
警告: 那須, パク・チュホ
観客: 9,742人
主審: 吉田 寿光

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:54  |  Omiya Ardija  |  Trackback(1)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/309-a353571a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

第18節

どーにも変わらない 前半はいいけど後半は悪い、いつもの試合でした。負けなくてよかった J1第18節 大宮 0 - 0 磐田 試合展開は、冒頭の1行がすべて。前半は例によってサイドを中心に崩すことはできても、クロスからシュートには結びつかないという展開。 ...(続きを
2010/08/16(月) 13:34:20 | ちょいガキオヤジのニュース速報

▲PageTop

 | BLOGTOP |