FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2010.09.26 (Sun)

2010 J-League Division 1 第23節 FC東京 vs. 大宮

 味の素スタジアムで、FC東京と大宮の試合を観戦してきました。大宮を出るときにはどんよりしていた空も飛田給の駅を降りたときには見事に晴れていました。それほど暑くもなくサッカー観戦にはよい天気です。



 さて、この試合の主審は飯田氏。この名前はよく覚えています。昨年10月の埼玉スタジアムで1試合にPKを4つというおかしな試合(観戦記はこちら)を演出した審判ですから。

 大宮は前節(鹿島戦)は累積警告で出場停止だった坪内が復帰、マトとセンターバックを組むのかと思ったらマトが控えにまわり福田が前節に続けて出場。また、累積警告で出場停止の金澤に代わって李浩が中盤に入りました。一方の東京は城福監督が解任され新監督に大熊氏が就任して最初の試合となりました。結局、大宮は城福監督時代の東京には全く勝てなかったわけですが、以前の大熊監督時代もかなり相性が悪かったように思います。



 試合は前半から一方的な東京のペース。大宮によいところはほとんど見られませんでした。左サイドは石川に幾度となく突破を許し、右サイドはリカルジーニョが基点となって何度も簡単に崩されていました。それでも、最後のところで相手の決定力不足に助けられたりして失点はしませんでした。ゴールラインでDFが何とかクリアするシーンなどもあり失点は許しませんでした。とにかく前半は東京の攻守の切り替えの早いサッカーに対処するので精一杯。攻撃は前線へロングボールを蹴ってラファエル、李天秀の個人技頼みでほとんどチャンスは作れませんでした。スコアレスで折り返せたのは奇跡的だという感じすらしました。
 後半はさらに東京の一方的な展開になり、2分おきくらいにミドルシュートが北野を襲う有様。東京の波状攻撃が一段落したところで、まだ10分くらいしか経過していないのを知りこれは大変だなと感じました。
 しかし、63分に藤本に代わって石原が入ってから流れが変わります。70分頃にラファエルの放ったシュートはクロスバーを直撃し真下に落ちたものの明らかにゴールラインを割っていましたが、シュートは認められず。前節、鹿島戦の誤審に続き、またしても審判に泣かされます。そして、73分にラファエルの右からのクロスに金久保が頭で押し込んでとうとう大宮が1点を取ります。大宮にとって幸いだったのは、このあとの時間帯は東京の選手たちの足が止まってしまったことです。ロスタイムも含めて20分以上あった時間を比較的楽に乗り切ることができました。



 サッカーでは一方的に攻め込んでいるチームがその時間帯に点を取れないとその後相手に少ないチャンスをものにされて結果的に負けてしまうというケースがよくあるように思います。今日の試合はそんな試合だったと思います。大宮にしてみるととても苦しい試合で3ポイントを取れたというのは大きかったと思います。次は浦和戦。まだホームゲームでは勝利したことのない相手ですが、なんとしても勝ってほしいものです。


2010 Jリーグ Division1 第24節
2010年9月25日(土), 13:04, 味の素スタジアム
FC東京 - 大宮アルディージャ 0:1 (0:0)
東京: 権田 - 椋原 (78. 前田), 今野, キム・ヨングン, 中村 - 石川, 徳永, 森重, リカルジーニョ (67. 重松) - 平山, 大黒 (57. 大竹)
大宮: 北野 - 村上, 福田, 坪内, 鈴木 - 青木, 李 浩 (84. 安 英学), 藤本 (63. 石原), 金久保 (89. マト) - 李 天秀, ラファエル
得点: 0:1 金久保 (73.)
警告: 中村, 平山, キム・ヨングン - 李 浩, 鈴木
観客: 17,477人
主審: 飯田 淳平

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

05:43  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

●お疲れ様でした

いやはや、今年のウチを象徴する試合でした。まだこれでも前の城福末期よりサイド攻撃が見られた方です。
ポゼッションサッカーの呪縛にとらわれて中央を使った攻撃ばかりでサイド攻撃が見られず全然、点が入らないという試合でしたからね。

大宮はラファエルのゴール直後の鈴木監督が「いいから、戻れ!」というジェスチャーが印象的でした。

来週は是非、ウチの分まであかいのをお願いします!
y_flugels |  2010年09月27日(月) 09:27 |  URL |  【コメント編集】

y_flugelsさん
そうなのですか。サイドからの攻撃はかなり怖かったと感じましたが・・・。あとはゴールだけという感じがしました。この試合も前半に1つでもゴールが決まっていたら全く違う結果だったのは間違いありません。
次の浦和戦はホームなのに相手のホームで試合をするというのが納得できませんが、絶対に勝ってほしいので田舎まで観戦に行きますよ。
reis |  2010年09月28日(火) 01:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/324-8b790e5e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。