--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2008.10.18 (Sat)

ボーフム戦はドロー、そしてハンス・マイヤー復帰

 ツィーゲが指揮をとる最初の公式戦。ゴスポダレク、クライネ、スヴェルト、ブラッドリーなどルフカイの時は控えだった選手がスターティングイレブンに入りました。ゴールキーパーのゴスポダレクは古巣相手に移籍後初出場です。また、欠場濃厚といわれていたマルコ・マリンもトップ下のポジションで出場しました。

 前半から、ボーフムはアザウアクが基点となり何度もチャンスが作り出しましたが、グラートバッハは懸命に守り抜きます。グラートバッハはほとんどチャンスがなくシュートすら撃てません。しかし、31分にマリンのフリーキックにゴフリがゴール前でマルトリッツに競り勝ってヘディングでゴールを決めてグラートバッハが先制します。おそらくこれがファーストシュートだったと思います。ゴフリはブンデスリーガ初ゴールです。前半は終始ボーフムのペースでしたが、グラートバッハが何とか凌いだという感じでした。特に終了間際のピンチの連続は冷や冷やさせられました。
 後半は、前半以上にボーフムの一方的なペースになります。目に付いたのはカロール。かなり調子がよさそうでグラートバッハのDFはなかなか止め切れません。ただ、残念ながらシュートに決定力が不足していました。しかし、55分にとうとうボーフムにゴールが生まれます。フライヤーのクロスからのこぼれ球をダブロフスキが蹴りこみました。その後もボーフムのペースは変わらず、これは最後まで持たないなと思っているとやはり・・・。
 77分にボーフムは、フクスのクロスをカロールがヘディングで決めてついにリードします。このシーン、交代で入ったばかりのブラウェルスがカロールをしっかりとケアしていないといけなかったです。
 ここまでの試合の流れから勝負あったのかと思いましたが、グラートバッハはすぐに同点に追いつきました。79分、マリンの右からのコーナーキックをクライネがヘディング。フェルナンデスが倒れこみながらキャッチしたようにみえたがファンブル。倒れこんだフェルナンデスの体の上を転がるボールをアザウアクが懸命にクリアしようとしている姿がおかしかったです。このプレー、おそらくフェルナンデスが最初にファンブルしたときにボールがゴールラインを超えていたと判定され、グラートバッハのゴールが認められました。思わず笑ってしまうような珍しいゴールシーンでしたけれど、グラートバッハにとっては非常に大きなゴールでした。このあとボーフムは残り時間も少なくなってちょっとあせってしまったように見えます、ロスタイムまで気を抜けないシーンの連続でしたが最終的には2:2のドローで終わりました。

 試合を通して見ての感想を一言で言うなら、「グラートバッハは、よく引き分けにできたな。」ということ。とにかくセットプレー以外ほとんどチャンスらしいチャンスはなかったので、得点シーンをイメージできませんでしたから。しかもこの数年グラートバッハはアウェイとなると全く粘ることなくあっさりと負けることが多かったので、こんなしぶとさはちょっと意外でした。やはりこのチーム、マリンがいると違います。逆にボーフムとしては、これだけ一方的に攻めながらドローという結果は悔しくて仕方がないでしょう。この私、ボーフムも好きなチームなので、ここで調子を落とさずこのあと頑張ってほしいと思っています。

 この試合のあと、グラートバッハの新監督にハンス・マイヤーが決定したというニュースがありました。マイヤーは2002/03シーズンの途中までグラートバッハを指揮していましたので5年半ぶりの復帰ということになります。2010年7月までの契約とのことですが、きっとチームを立て直してくれることでしょう。まずは早く降格圏を抜け出してほしいです。順位表であの位置に名前があると落ち着かないので・・・。



1. Bundesliga, 2008/09 8.Spieltag
17.10.2008, 20.15Uhr, rewirpowerSTADION, Bochum
VfL Bochum - Borussia M'gladbach 2:2 (0:1)
VfL Bochum: Fernandes - Pfertzel, Maltritz, Mavraj, C. Fuchs - O. Schröder, Dabrowski - Freier (81. Grote), Azaouagh, Sestak - Kaloglu
Borussia: Gospodarek - Gohouri (46. Ndjeng), Kleine, Daems, Voigt (76. Brouwers) - Bradley, Svärd, Paauwe - Marin - Matmour (80. Neuville), Friend
Tore: 0:1 Gohouri (31.), 1:1 Dabrowski (55.), 2:1 Kaloglu (77.), 2:2 Kleine (79.)
Zuschauer: 31.328 (ausverkauft)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

22:16  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

こんばんは。
この試合、ネットで見ていました。どちらもがんばってほしかったのですが、グラートバッハに落ちてほしくないので、どちらかというとBMGよりかな。
2失点目は交替で入ってきたブラウェルスが中途半端なマークで、競りたいのか、落ちてきたところをクリアするつもりだったのか、どっちつかずでしたね。ああ、交代策、裏目かなあと思ったのですが、その後、同点にできたので、ちょっとほっとしました。

ボーフムからすると、ほんとに勝ちたかった内容だったとは思いますが・・・。

ハンス・マイヤー就任、よかったですね。
マリン以外でもチャンスが作れるよう、がんばってほしいです。
kamecave |  2008年10月19日(日) 04:57 |  URL |  【コメント編集】

kameさん こんばんは
ボーフム戦はほとんど勝ち目のないチーム状態でよく勝点をとれたと思います。とりあえず、ツィーゲよくやったと言っておきます。
グラートバッハは、今、厳しい状況にありますが、監督が変わるし、これからが結構楽しみです。Jリーグでも今年監督が変わって強くなったチームがありますし、同じようになってほしいなと思います。
ブラウェルスはどうなるんでしょうね。パダボーンで一緒にやっていたルフカイが引っ張ってきたのだと思いますが、そのルフカイが解任されてしまいましたし正念場かもしれませんね。好きな選手なので何とかグラートバッハで結果を出してほしいです。
reis |  2008年10月19日(日) 20:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/33-c2bcc2db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。