--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2010.10.24 (Sun)

ブンデスリーガ2010/2011 第9節 グラートバッハ vs. ブレーメン

 グラートバッハは怪我人や出場停止が毎試合のように出てしまい、この数試合はフォーメーションを組むのにも苦労している有様です。第9節のブレーメン戦は左サイドバックに、前節少しだけ出場しブンデスリーガデビューを果たしたヴィッシンクを使いました。また、中盤はブラッドリー、マルクスのボランチの前にイドリス、ロイス、デカマルゴの3人を並べボバディージャを1トップに置くフォーメーションで試合に臨みます。
 グラートバッハは、ホームゲームではブレーメンを得意としていて過去5試合は負けていません。勝って弾みをつけるには絶好の相手ではありましたが・・・。

 前半5分にブレーメンは、左サイドで得たフリーキックのチャンスでマリンが蹴ったボールが誰にも触れずにそのままゴールとなりあっさり先制しました。さらに11分にはウェズレイがドリブルで持ち込みそのままシュートを決めて2点目。DFのアンデルソンに当たりわずかに角度が変わっていたためバイリーにとっては不運でした。両チームの最近の対戦はかなり点を取り合う試合が多いので前半11分での2点差であればまだ試合は全くわかりません。事実、このあとはグラートバッハにとって決定的チャンスの連続になります。特にブレーメンのDFはイドリスやデカマルゴの動きをつかまえきれず、いとも簡単にゴール前でフリーの状態を作ることができました。

23分:イドリスのフリーでのシュートはGKミーリッツが素晴らしい反応でセーブ
24分:コーナーキックからのアンデルソンのヘディングシュート(フリンクスがゴールポスト際でクリア)
31分:デカマルゴがペナルティエリア内でミーリッツに倒されるもPKの笛は吹かれず。
36分:ボバディージャのシュート気味のクロスにデカマルゴがゴール前で足を伸ばすもあと一歩届かず。
39分:イドリスのフリーで放ったシュートをGKがはじいたボールがデカマルゴの前に来たけれど反応できず。

 これらは全部点になっていても不思議ではありませんでした。お互い守備に不安のあるチーム同士なのである程度予想できた展開ですが、グラートバッハにとってブレーメンのGKミーリッツの活躍は誤算だったのではないでしょうか。GKが神がかってしまうとどんな形でも止めてしまうものですが、この日のミーリッツがまさにそれでした。まあ、31分のプレーは明らかにPKだと思いましたが、そのほかにもチャンスはいくらでもあり1本でも決まっていたらと思わずに入られません。

 後半も前半と似た展開でノーガードの打ち合いの様相、グラートバッハも決定的チャンスを作りながら点が取れず、そのうちカウンターであっさりとやられてしまう形です。グラートバッハは後半にメルテザッカーのオウンゴールで1点を返しましたが、これもイドリスとロイスで完全に相手を崩しましたが、ミーリッツが倒れながら片手ではじくという驚異的な反応を見せました。カバーに入っていたメルテザッカーにあたってゴールに入ってしまいましたが、とにかくグラートバッハはミーリッツに負けたといってもいい試合でした。
 これを書いていて思い出したのですが、何年か前にヴェーザースタディオンでバイリーが神がかってブレーメンのシュートをことごとくはね返したことがあったのを思い出しました。そのときはブレーメンの選手たちが悔しい思いをしたはずです。
 なお、ブレーメンの4点目はピサロが決めましたが、このゴールでブンデスリーガ通算134ゴールとなり、エウベルの記録を抜いて外国人最多ゴールとなりました。が、グラートバッハには関係のない話です。
 
 これでグラートバッハは16位に下がりました。下にはケルンとシュトゥットガルトがいますが、ケルンはともかくとしてシュトゥットガルトは例年出遅れても後半巻き返すし、そもそもこの位置にいるチームではありません。そう考えるとちょっと落ち着かない気持ちになってきます。守備の立て直しが急務なのは間違いないのですが、選手がいなければ話になりません。次節はブラーウェルスが戻ってきます。ダンテも復帰のめどは立っているようなのでまずはそれからです。


1. Bundesliga, 2010/11 9.Spieltag
23.10.2010, 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - SV Werder Bremen 1:4 (0:2)
Borussia: Bailly - Levels, Anderson, Daems, Wissing - Bradley, Marx - Reus, Idrissou - de Camargo (67. Herrmann), Bobadilla.
Bremen: Mielitz - Fritz, Mertesacker, Prödl, Silvestre - Frings (83. Jensen) - Wesley, Marin - Hunt (68. Bargfrede) - Pizarro (85.), Arnautovic.
Tore: 0:1 Marin (5.), 0:2 Wesley (12.), 0:3 Hunt (52.), 1:3 Mertesacker (67., Eigentor), 1:4 Pizarro (76.)
Gelbe Karten: Bradley, Marx - Silvestre, Jensen
Zuschauer: 53511
Schiedsrichter: Günter Perl (Pullach)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

20:00  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/334-b1887c4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。