2010.12.22 (Wed)

DFBポカール 3回戦 ホッフェンハイム vs. グラートバッハ

 DFBポカールの3回戦でグラートバッハはアウェイのラインネッカーアレーナで苦手のホッフェンハイムと対戦しました。グラートバッハは、過去にツヴァイテリーガでの対戦を含めてもホッフェンハイムには一度も勝利したことがありません。

 この試合を前にしてグラートバッハのFW、イドリスが監督批判をしたことでメンバーをはずされました。イドリスに対しては罰金が科せられるほか、場合によってはそのまま戦力外になる可能性もあります。先日の試合で退場処分になった挙句、暴言などの問題を起こしてメンバーをはずされたFWのボバディージャに続いて、またしてもFWが減ります。少し前まではDFに怪我人続出でメンバーが足りないと思っていたら、FWも別の理由でメンバー不足に陥りそうです。一応、補強の話も出ていてハノーファーのハンケが来ることが決まったようです。

Borussia verpflichtet Mike Hanke

 さて試合ですが、ボルシアは右サイドバックにレフェルスが復帰し、HSV戦で良かったノイシュテッターがこの試合もスタメン、FWはイドリスの代わりにデカマルゴが入りました。

 得点シーンは前半、後半に1度ずつありました。まず、35分にホッフェンハイムがフリーキックのチャンスでシグルドソンが直接決めました。フリーキックはサリホヴィッチが蹴ると見せかけたプレーにGKのハイメロートがまんまとひっかかり、シグルドソンにキックに対しては一歩も動けませんでした。これは試合後にハイメロート自身も認めていますが、完全なGKのミスです。
 後半は63分に右からのコーナーキックをゴール正面でデンバ・バがあわせて2点目を決めました。グラートバッハはホッフェンハイムとの対戦ではたびたびバにやられているので、さすがにこの試合は完全にマークがはりついていましたが、このシーンはフリーにしてしまいました。試合の展開からみて事実上これがダメ押しといってよいゴールでした。

 とにかくグラートバッハには得点のチャンスがほぼ皆無といってよい感じでした。強いて言えば15分にマルクスとデカマルゴの間で素晴らしいドッペルパスが決まりマルクスがフリーでシュートしたシーンくらいでしょう。ただ、残念なことにシュートしたのがマルクスだったのでフリーでも決まる気はしませんでしたね。

 まあ、正直なところこんな試合どうでもいいです。グラートバッハは中断明けからが勝負です。しかし、中断期間があと1ヶ月くらい長ければいいのになあ。


DFB Pokal 2010/11, Achtelfinale
21.12.2009 20:30 Uhr Rhein-Neckar-Arena, Sinsheim
1899 Hoffenheim - Borussia M'gladbach 2:0 (1:0)
Hoffenheim: Haas – Beck, Vorsah, Compper, Ibertsberger – Rudy, Luiz Gustavo (90. Jaissle), Vukcevic, Salihovic - Sigurdsson (89. Thomalla) – Ba (80. Mlapa).
Borussia: Heimeroth – Levels, Callsen-Bracker, Daems, Wissing – Neustädter, Marx (46. Herrmann), Bradley, Arango (67. Matmour) – Reus (89. Bäcker), de Camargo.
Tore: 1:0 Sigurdsson (35.), 2:0 Ba (63.).
Gelbe Karte: Vorsah, Sigurdsson, Rudy.
Zuschauer: 23.500.
Schiedsrichter: Dr. Felix Brych (München)


スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

23:00  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/357-ee446247

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |