--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2011.01.13 (Thu)

SCパダボーンの前半戦を振り返っての感想

 SCパダボーンのここまでについて簡単に振り返りたいと思います。なぜ、グラートバッハやボーフムではないのかといえば、はっきりいえばその2チームに関しての前半は思い出したくないからです。

 さて、パダボーンはここまで6勝8敗3分(16:22)で12位。参考までに最終順位が5位となった昨シーズンの17節終了時点では6勝5敗6分(24:23)で9位でした。比較してみると得点が減りその分ポイントを失っているように数字上は出ています。
 私はパダボーンの試合は毎試合見ているわけではなくしかもネットの見づらい映像で見ているのではっきりしたことはいえません。しかし、私の見た範囲で言えば、このチームの課題は、「決定力不足」「集中力の持続」という2点だと感じます。
 パダボーンのサッカーを見て感じるのは、(私がよく見るチームの試合のクオリティと比較してしまうこともありますが)攻守の切り替えが早く選手間の連動性もスムーズでスピーディーな面白いサッカーをしているなという印象を持っています。これは相手が例えばヘルタBSCのように力のある相手に対しても通用していました。
 ただし残念ながらそれをゴールに結びつける力が足りないということ。そして、それを1試合通して続ける力は無いことが問題です。事実、試合を完全に支配しながらゴールが奪えず、終盤に耐え切れずに失点して敗れてしまったり、苦し紛れのファールで退場者を出して結局大敗したりという試合が目につきました。
 
 今シーズンのパダボーンは、DFBポカール1回戦、ツヴァイテリーガ2試合の3試合で得点ゼロで全敗という最悪のスタートを切りました。そこですぐに5人の選手の補強という素早い対応をとりました。このうち、アウクスブルクから補強したFWのカプラーニとホッフェンハイムから補強したDFのライタラはチームの主力として試合に出続けています。
 カプラーニはチームの総得点16の1/3近い5つのゴールを記録し、実質的にチームのエースとなっています。ただ、実際に試合を見た限りでは決定的チャンスを決めきれないシーンが結構多目立ちます。本来であれば、あと3、4ゴールくらいは決めていてよいはずです。正直に言って彼にはこのあと奮起してもらう必要があると思います。
 ライタラについては加入後は全試合出場、途中交代も1試合だけと完全に左サイドバックのレギュラーとなっています。この選手、体格がさほど大きいわけではなくおとなしそうな顔をしているのですが、結構、1対1に強い選手だなという印象を持っていました。そこで、ブンデスリーガの公式サイトの個人別の Saisonstatistik 2010/11 を見るとライタラの Zweikämpfeでの勝利は 68% となっていました。Zweikampfの勝敗の基準がどのようになっているのかは不明ですが、この数字はおそらくツヴァイテの他クラブのDFと比較してもトップクラスの数字だと思います。そのうえ、ほぼフル出場なのにも関わらず警告をこれまで1枚しかもらっていないのです。それらを考えるとライタラという選手、実はかなり素晴らしい選手なのではないかと感じています。この補強は当たりです。
 なお、ライタラはホッフェンハイムとは2014年6月までの契約を結んでいて、パダボーンへのローンは今シーズンだけですが、監督が変わったホッフェンハイムにいるよりパダボーンで経験をつんだほうがよいという考え方もできると思いますがどうでしょうか。
 
 とにかくパダボーンのサッカーは内容は悪くないと思います。とにかくそれを安定して続けられるのかどうか、そしてチャンスでしっかりゴールに結び付けられるのかがポイントでしょう。あとは選手層が厚いわけではないので怪我や出場停止に気をつけること。昨シーズンのようなリーグ戦後半での巻き返しに期待しています。

 
 
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

00:26  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/369-e2c6741a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。