2011.01.14 (Fri)

Roel Brauwers ist ein echter Pechvogel

 残念なニュースです。グラートバッハのDFロエル・ブラーウェルスが左ひざの内側半月板損傷により手術を行い復帰にはしばらく時間がかかることになりそうです。

 今回のブラーウェルスの離脱に関しては、ディフェンダーの補強が行われているためにチームにとっては、先月ほど深刻な状態ではありませんが、ブラーウェルス自身の今シーズンを考えると気の毒に思います。どこまでついていないのでしょうか。

 今シーズンのブラーウェルスは6節のシャルケ戦でフンテラールに対しての危険なプレーにより退場処分となりその後3試合の出場停止。まあ、これは本人のラフプレーが原因なので止むを得ませんが、出場停止明けの試合直前の練習で膝を痛め欠場。11節のバイエルン戦で途中交代で復帰したものの1週間後のケルン戦では左足太ももの肉離れで再び離脱。この時点で前半戦は絶望と見られていましたが、16節のフライブルク戦で厳しいチームの状況もあってスタメン復帰。しかし、その試合で左足外側じん帯と関節を傷めたうえ脳震盪を起こして途中で退くことになりました。
 ウィンターブレイクでの調整は順調に見え、練習試合も無難にこなしており、おそらく今週末のニュルンベルク戦ではシュトランツルとセンターバックを組むはずだったと思いますが、再び戦列を離れることになりました。なるべく早い復帰を祈りますが、こうなったら無理はせずに完全に治してほしいと思います。

ブラーウェルスの欠場によりニュルンベルク戦は、シュトランツルとノルトヴェイトをセンターバックにし、ディフェンシブ・ミッドフィールダーにはブラッドリー、マルクスまたはノイシュテッターを起用するのではないかと予想します。


スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

00:38  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/372-88923a67

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |