2011.01.25 (Tue)

ブンデスリーガ2010/2011 第19節 グラートバッハ vs. レバークーゼン

 第19節、グラートバッハの相手はレバークーゼン。グラートバッハは前回の対戦では16年ぶりの勝利を6:3という夢のようなスコアで勝ったのですが、残念ながら私は今シーズンのグラートバッハの試合で唯一この試合を見ていないのです。もっとも、この試合をきっかけにチームが変な自信を持ってしまい、その後おかしな方向へ進んでしまいました。今回の対戦では大量点なんて望んではいませんが、ホームで初勝利をあげてくれるのでないかとかなり期待していたのですが・・・。

 この試合、グラートバッハはセンターバックにダンテを使ってきました。実はダンテは控えに入る予定だったようですがレフェルスが胃腸炎でメンバーから外れたためスタメンで使われることになりました。右サイドには前節はセンターバックでプレーしたノルトヴェイトが回りました。一方のレバークーゼンはフレードリヒ(警告の累積)、バルネッタ(内側半月板損傷)、ベンダー(膝の怪我)など主力を欠くフォーメーションです。

 前半はレバークーゼンが圧倒的にボールを支配し、中盤でパスをつなぎながら押し込む展開が続きます。ただ、中央や一方のサイドに偏った攻撃になり、次第にグラートバッハも対応できるようになって来ました。
 そんな中。24分に右サイドをイドリスが抜けて折り返したクロスを受けたロイスがミドルシュートを放ちますがクロスバーを直撃しゴールにはなりません。さらにその1分後にはデカマルゴが落としたボールをハンケがシュートしますがアドラーに止められました。このあたりからグラートバッハもようやくボールがもてるようになってきたと思ったのですが、先制したのはレバークーゼンでした。
 37分にゴール正面で得たフリーキックをカドレツが左足で直接決めて先制します。これは見事にカーブのかかった素晴らしいフリーキックでハイメロートもノーチャンスでした。
 前半終了直前にはビダルのクロスをオフサイドぎりぎりで飛び出したカストロがヘディングで決めて2点目。グラートバッハにとってこの失点は非常に痛かったと思います。

 後半、グラートバッハに再び絶好のチャンスが訪れました。54分にカウンターからハンケがフリーになりシュートしますがアドラーに止められました。65分、ノイシュテッターが浮かせたボールをシュトランツルが右足のボレーでサイドネットに突き刺し1点差にします。これには正直驚きました。シュトランツルがペナルティエリアまであがっていることもそうだし、あれほど素晴らしいシュートを撃つ選手だとは知りませんでした。
 その後、72分にもグラートバッハはフリーキックのチャンスでハンケのヘディングをアドラーがセーブ、こぼれ球をノルトヴェイトが押し込もうとしましたがクリアされます。このクリアがカウンターにつながりカストロが抜け出しハイメロートとの1対1を冷静に決めて2点差としました。これにはガクッときました。同点に追いつく絶好のチャンスが試合を決定付ける失点につながってしまうとは。

 この試合のレバークーゼンはアドラーが前回の対戦とは違って無難にプレーし、終盤のグラートバッハのチャンスを難なく跳ね返しました。さらにクロスバーも大活躍で86分にもフリーキックからのマトムールのヘディングシュートをはじきだしゴールを許さず、結局1:3のスコアで試合終了。

 前節は攻め込まれながら無失点で勝利し、懸念の守備がウィンターブレークで立て直されたかと思いましたが、結局はシーズン序盤から見慣れた3失点。まあ、私は相性の悪いレバークーゼンが相手なので仕方がないと考えることにしますが、ボルシアパークのファンはもう我慢が限界に来ていることは容易に想像できます。やはりホームで勝たないと…。ホームで勝てないのでは残留が苦しくなるのも当然です。次のホームゲームはVfBシュトゥットガルト戦ですので前回の対戦(0:7)の借りを返すよいチャンスでもあります。
 

1. Bundesliga, 2010/11 19.Spieltag
23.01.2011, 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Bayer 04 Leverkusen 1:3 (0:2)
Borussia: Heimeroth – Nordveit, Stranzl, Dante, Daems – Neustädter (85. Bradley), Marx (74. Herrmann) – Reus, Idrissou – de Camargo (57. Matmour), Hanke.
Leverkusen: Adler – Schwaab, Reinartz, Hyypiä, Kadlec – Vidal, Rolfes – Augusto, Castro (90. Balitsch) – Sam (56. Ballack), Kießling (74. Derdiyok).
Tore: 0:1 Kadlec (37.), 0:2 Castro (45.), 1:2 Stranzl (65.), 1:3 Castro (73.).
Gelbe Karten: Matmour - Adler.
Zuschauer: 36.696.
Schiedsrichter: Florian Meyer (Burgdorf).

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

07:41  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/376-c69cfe33

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |