--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2011.02.06 (Sun)

ブンデスリーガ2010/2011 第21節 グラートバッハ vs. シュトゥットガルト

 最下位のグラートバッハと17位のVfBシュトゥットガルトが勝点差なしでの直接対決。どちらにとっても重要な試合であることはいうまでもありません。この試合の始まる前に16位のケルンがバイエルン相手に前半2点リードされながら後半3点入れて逆転勝ちするというとんでもない試合をしているので、余計にどちらも負けられないという気持ちになったことでしょう。

 前半、両チームとも互いにプレッシャーを掛け合う厳しい展開となりどちらもなかなかボールがキープできない。10分を過ぎたあたりからようやく攻撃の形を組み立てるようになります。
 グラートバッハの最初のチャンスは26分のデカマルゴのシュートでしたが、これをきっかけにVfBのディフェンスは明らかに混乱し、この後はグラートバッハに立て続けにビッグチャンスが続きます。28分にはスローインから相手のクリアミスをシュトランツルがつなぎロイスがシュートします。このシュートはGKに弾き出されますが、そのあとのコーナーコックをダンテがヘディングで決めて先制しました。後方から相手のマークをかわしながら中央にするすると入ってきたダンテの動きは見事でした。
 さらに、32分には中盤でイドリスが相手ボールを奪いロイスにスルーパス、ロイスのシュート気味のボールに中央から詰めていたデカマルゴが流し込んでのゴールでたちまち2点差になります。

 後半、シュトゥットガルトは精彩を欠いていた2人フンクとモリナーロに代えてクズマノビッチと、ドルトムントから加入したFWのハルニクを入れ、4-3-3のシステムに切り替え攻勢をかけてきました。これに対してグラートバッハは完全に守勢に回ってしまい、シュトゥットガルトが一方的に攻め込む展開になります。
 まず、51に右サイドからハルニクが入れたクロスがノイシュテッターにあたって角度が変わり、ダンテが触れず、ポグレブニャクのゴールを許してしまいます。さらに56分にはボカがドリブルから右サイドにパス。ハルニクが決めて同点。ボカのドリブルでグラートバッハのDFがサイドバックも含めて中央におびき出されてしまい右サイドでハルニクがフリーになっていました。前半にわずか3分で2点をとり、後半わずか5分で2失点するという笑うに笑えない展開、私もついつい頭を抱えてしまいました。

 その後、試合は膠着してきたもののグラートバッハはほとんどチャンスは作れずボルシアパーク全体にイライラ感が広がり始めます。グラートバッハにとって惜しかったのは76分のコーナーキックでのシーンでした。ロイスのコーナーキックをゴールキーパーの前でダンテが競り勝ってこぼれ球を押し込んだかに見えたのですが、主審はダンテのハンドをとりゴールを認めませんでした。私の眼からはこれはファールには見えませんでしたが・・・。

 ホームで絶対に勝ちたいグラートバッハは時間が経過するにつれて焦りからかパスミスが目立ち始めます。そして悪夢の瞬間は87分にやってきました。ダンテがペナルティエリア内にドリブルで切れ込んできたポグレブニャクに対してスライディングでクリアを試み、ポグレブニャクが転倒。微妙ではありましたが主審はファールをとりシュトゥットガルトにPKを与え、ダンテは2枚目の警告で退場となりました。このPKはゲプハルトが決めてシュトゥットガルトがついに逆転し、そのまま勝利をおさめました。

 これは本当に痛すぎる敗戦です。ウィンターブレーク明けのアウェイでの試合を見ると守備がかなり改善されたように感じるのですが、ホームゲームでは相変わらず3失点を繰り返しています。前半2点リードでも勝てません。そうなると自然と観客は減ってきます。この試合の観衆39,132人はボルシアパークとしては非常に少ない数字です。
 後半、相手が選手を代えて攻撃的なシステムに切り替えてきたことに対して何も手をうてないまま逆転されてしまったという点がチームの底の浅さを露呈しているようで引っかかります。しかし、まだ終わったわけではありません。こうなったら次のアウェイ、ザンクトパウリ戦は1:0で勝ち、そのあとのシャルケ戦で3失点せずにホーム初勝利となるように祈ることにします。


1. Bundesliga, 2010/11 21.Spieltag
05.02.2011, 18:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - VfB Stuttgart 2:3 (2:0)
Borussia: Heimeroth – Levels, Stranzl, Dante, Daems – Nordtveit, Neustädter (89. Arango) – Reus, Idrissou – de Camargo (83. Herrmann), Matmour (66. Hanke).
Stuttgart: Ulreich – Funk (46. Kuzmanovic), Niedermeier, Tasci, Molinaro (46. Hajnal) – Träsch, Gentner – Boka, Gebhardt – Pogrebnyak, Harnik (79. Schipplock).
Tore: 1:0 Dante (29.), 2:0 de Camargo (31.), 2:1 Pogrebnyak (51.), 2:2 Harnik (56.), 2:3 Gebhardt (87.)
Gelbe Karte: Dante - Gebhardt, Niedermeier
Gelb-Rot Karte: Dante (87.)
Zuschauer: 39.132
Schiedsrichter: Thorsten Kinhöfer (Herne).

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

15:25  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/382-6505d7d0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。