2011.03.06 (Sun)

ブンデスリーガ2010/2011 第25節 グラートバッハ vs. ホッフェンハイム

 前節での不甲斐ない敗戦、そしてノルトヴァイトの欠場を受けてファヴレ監督は、フォーメーションを変えて試合に挑みました。FWはイドリスに代えてデカマルゴ、ボランチはノルトヴァイトの代わりにはフィンク、さらに右サイドバックはレフェルスでなくヤンチュケを起用しましたが、まあ、ヴォルフスブルク戦でのレフェルスはかなり酷いパフォーマンスでしたので仕方がないでしょう。

 対戦相手のホッフェンハイムはグラートバッハにとって苦手チームの中のひとつで、まだクラブの歴史の中で一度も勝ったことがありません。ホッフェンハイムはブンデスリーガでの歴史は非常に浅くまだそれほど対戦試合数は多くはないのですが、私の記憶の中には悔しい負け方をした試合がいくつかあり、苦手な相手だという印象はありました。ただ、今回に関しては監督がラングニックからペッツァイオリに変わったほか、グラートバッハにとっての天敵、デンバ・バも移籍してしまい怖さがなくなった感じがします。

 前半、まず6分にグラートバッハはコンペアとの競り合いでボールを奪ったデカマルゴが右サイドからクロスを入れ、左サイドからアランゴがフリーでシュートを放ちますが枠をはずします。
 ホッフェンハイムは、16分にバベルが抜け出してフリーでシュートを放ちネットを揺らしましたが、オフサイドのジャッジでゴールは認められませんでした。しかし、ビデオで見るとパスが出たときのバベルのポジションは全くオフサイドではなく明らかな副審のミスジャッジでした。これにはグラートバッハは助けられました。
 ただし、グラートバッハにとって危なかったのはこのシーンくらいで、あとはほぼ優位にたった状態で試合が進みました。ロイスが体勢を崩しながらドリブルでシュートしたシーンや、フィンクが相手との空中戦で落としたボールがデカマルゴがゴール前でフリーでシュートしたシーンなど、得点にはなりませんでしたがいつ決まってもおかしくないシーンの連続でした。普通、客観的に見ればこの試合はグラートバッハは行けそうだと感じるはずですが、どうも最近私は悲観的になってしまっているようでまだまだ不安でした。とにかくホッフェンハイム戦では前半の出来が素晴らしかったのに後半に一気に形勢逆転してひっくり返されたという試合を何度も見ているので・・・。

 幸い、後半に入ってもグラートバッハにチャンスが連続します。しかし、デカマルゴやロイスがタイミングよく飛び出すもののぎりぎりでオフサイドに引っかかりちょっとイライラさせられます。54分にはフリーキックからゴール前でこぼれたボールをコンペアがクリア、GKに当たって跳ね返りオウンゴールとなりそうでしたが枠を外れました。
 そんな展開が続いた65分のこと、完全にDFラインの裏に抜けたデカマルゴを思わず飛び出したGKのシュタルケが引っ張りPKが与えられます。このPKはダエムズが決めてグラートバッハがとうとう1点をリードします。さらに5分後にはコーナーキックからデカマルゴが頭で決めて2点目をいれ試合を決めました。

 ついにホッフェンハイム戦初勝利です。試合の内容も非常によく前節で悲観的になった私も再び希望を持たせてもらいました。この試合で今シーズン初めてフル出場したヤンチュケは地味ながら右サイドバックを無難にこなし、スタメンでも使える目処が立ったと思います。またデカマルゴの1トップもアランゴ、ロイスとの連携がよくヴォルフスブルク戦はいったい何だったのかと思ってしまいます。

 監督交代後はホームで2勝、アウェイで1敗。勝った時と負けた時の内容の差が激しすぎてどちらが本物かわからないのですが、近年のグラートバッハの正常な姿に戻ったのかもしれません。この数年、ホームでは強いけれどアウェイではやたら弱い。そして特定の相手になかなか勝てない(具体的にはレバークーゼンなど)という特徴があったのですから。
 次節はアウェイのブレーメン戦です。これまで残留争いのライバルとの直接対決をすべて落として自ら苦しい状況に追い込んで来ました。にもかかわらず、まだ15位との勝ち点差が3か4しか離れていないというのはラッキーだというしかありません。ホームとかアウェイとか関係なく次の試合は絶対に勝たないといけないでしょう。


1. Bundesliga, 2010/11 25.Spieltag
05.03.2011, 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - TSG 1899 Hoffenheim 2:0 (0:0)
Borussia: Bailly – Jantschke, Stranzl, Dante (87. Brouwers), Daems – Marx, Neustädter, Fink (90. Schachten), Arango – Reus, de Camargo (90. Idrissou).
Hoffenheim: Starke - Beck, Jaissle, Compper (71. Vorsah), Ibertsberger - Rudy, Alaba, Salihovic – Sigurdsson (59. Mlapa), Babel, Vukcevic (68. Firmino).
Tore: 1:0 Daems (65., Foulelfmeter), 2:0 de Camargo (70.)
Gelbe Karten: Dante – Compper, Alaba, Starke, Mlapa
Schiedsrichter: Florian Meyer (Burgdorf)
Zuschauer: 35.350

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

16:34  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/394-e42c3580

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |