2011.03.19 (Sat)

ブンデスリーガ2010/2011 第27節 グラートバッハ vs. カイザースラウテルン


Dramatisches Eigentor von Logan Bailly

 何度も何度も落としてきた残留争いのライバルとの直接対決ですが、今後の対戦相手を考えるとこのカイザースラウテルンとの一戦がライバルとの最後の決戦ということになります。少しでも自力で上位との差を詰める最後のチャンスともいえる重要な試合だったのですが、極めて不本意な結末を迎えることになってしまいました。

試合の経過
 グラートバッハは守備的MFをマルクスに代えてノルトヴェイトを戻した以外は前節(ブレーメン戦)と同じメンバー、一方のラウテルンは 前節1トップの位置に入っていたホッファーに代えて中盤に元グラートバッハのキルヒを入れてネメツを1トップに置く4-2-3-1のシステムです。

 前半はグラートバッハがボールを支配する時間が長かったように思えます。しかし、中盤でダイレクトパスを多用し相手を崩そうとする意図はわかるのですがコンビネーションがよくないためパスミスで相手にボールを奪われてしまうことが多く、シュートまでもっていくことはできません。15分にグラートバッハに惜しい場面がありました。右からのコーナーキックから相手がクリアしたボールをシュトランツルがボレーでシュートしますが、惜しくもゴールライン付近にいたロドネイに頭でクリアされました。
 ラウテルンのほうもほとんどチャンスはありませんでしたが、前半も残り5分を過ぎたあたりから徐々に攻勢をかけてきます。41分にフリーキックからネメツがヘディングシュート、43分にもフリーキックのボールに対してゴール前にロドネイとアベルがとびこみましたが、わずかにタイミングがあわず、どちらもゴールにはなりませんでした。

 後半に入るとグラートバッハの良い面はほとんど見られなくなり、ラウテルンが次々とカウンターからチャンスを作り出すようになります。57分にティファートが、59分にはイリチェヴィッチが決定的チャンスからシュートを放ち、あと一歩でゴールという状態になります。
 そして、61分に信じられないシーンを目にすることになってしまいました。いやこれは悪夢のようなシーンといっても良いでしょう。ラウテルンの左からのコーナーキックに対してGKのバイリーが右手でのパンチングをミスし、なんと自らゴールに入れてしまったのです。私はいったい何が起こったのか自分の眼を疑ってしまいました。
 この失点のあと、グラートバッハは攻撃に転じますが、焦りからか前半以上にパスミスが目立ち攻撃がつながりません。唯一のチャンスは88分にハンケが抜け出し中央に折り返し中央にロイスが詰めていたシーンですが、これも相手DFの出足が一歩早くクリアされてしまいました。

感想
 Klassenerhaltがますます遠くなる痛い敗戦です。試合終了後、さすがにグラートバッハの選手たちは気の毒なほどがっかりしていました。そんな中でダンテが懸命にチームメイトを励ましている様子がむしろ痛々しく感じました。特にバイリーは相当悔しいことだろうと思いますが、これまでのチームへの貢献を考えれば誰も彼を責めることはできないはずです。後に引きづらないでほしいと思いますが・・・。

 それにしても、グラートバッハはとことん残留争いのライバルを手助けしてしまうのですね。重要な試合をことごとく落としています。残り7試合の対戦相手に上位チームが多いことや、ライバルチーム同士が直接対戦する組み合わせを残していることを考慮すると、客観的に見ればもはや絶望的とも言える状況になってしまいました。
 しかしまだ終わったわけではありません。残り7試合で最大21ポイントとるチャンスが残っていると思って最後まであきらめないでほしいと思います。

 なお、この試合でボルシアはスポンサーの京セラと共同で東北・関東大震災および津波による被災者への募金活動を実施したようです。キックオフの前には犠牲者を追悼し黙祷が捧げられました。


1. Bundesliga, 2010/11 27.Spieltag
18.03.2011, 20:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - 1.FC Kaiserslautern 0:1 (0:0)
Borussia: Bailly - Jantschke, Stranzl, Dante, Daems - Fink (63. Herrmann), Nordtveit - Reus, Neustädter, Arango (72. Matmour) - Idrissou (57. Hanke)
Kaiserslautern: Trapp - Dick, Abel, Rodnei, Jessen - Tiffert (90. Amedick), Kirch - Ilicevic, Moravek (87. Petsos), Hlousek - Nemec (66. Lakic)
Tor: 0:1 Bailly (61.,Eigentor)
Gelbe Karten: Dante, Neustädter
Zuschauer: 47.696
Schiedsrichter: Knut Kircher (Rottenburg)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

12:25  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/396-aa6a05db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |