2011.04.24 (Sun)

2011 J-League Division 1 第7節 大宮 vs. 柏

 震災の影響で中断していたJリーグが再開されました。私は開幕は水戸の試合を見たのですがやはり地元のスタジアムでのリーグ戦開幕となると気分が高揚してきます。


 対戦相手の柏は第1節で清水に3点差で勝利したことから、かなり強敵ではないかと思います。ところで、柏の応援はJリーグの数あるクラブの中でもかなりユニークでなのですが、個人的には・・・


 前半の大宮はショートパスで相手を崩したり、サイドチェンジをうまく混ぜるなど多彩な攻撃で幾度となくチャンスを作り出しました。また、特に中盤での出足がよくルーズボールはほとんど拾い、相手ボールに対してのプレスも効きずいぶんボールをカットしていました。柏が慎重だった点を差し引いても素晴らしい内容だったと思います。
 正直に言えば、大宮は応援はしているけれど試合を見て楽しいと思える試合が少ないチームです。しかし、この試合の前半は本当に久しぶりに楽しめる試合を見せてくれました。しかし、残念なのはシュートの精度が低いということ。当たり前ですが、いくら攻めてもゴールが決まらなければ試合には勝てません。前半のうちに2、3回あった決定機を決められなかったことが大きく響いたのは言うまでもありません。

 後半の大宮は前半のような動きは影を潜めパスミスが多くなりボールも奪えなくなりました。また、積極的にシュートを狙う姿勢が見られなかったのも残念です。ちょっと前半飛ばしすぎたのかもしれません。この試合の唯一の得点シーンは55分に柏、田中のミドルシュート(DFに当たって角度が変わった?)を北野が弾くとそのボールを拾ったレアンドロドミンゲスがミドルシュートをゴールに決めました。



 大宮は第1戦で鹿島と3:3という試合をしていますが、確かにこの試合でもシュートさえ正確に決めていれば3点くらい取れていたかもしれません。あとは決定力があればよいのですが、実はそれが一番難しい課題でしょう。
 それから守備については、一見すると失点シーン以外はほとんどピンチはなかったのですが、実際は一歩間違えば大ピンチという紙一重のプレーはずいぶんありました。それを防いでいたのはキム ヨングォンでした。Zweikampfでは圧倒的な強さを見せ、カバーリングも良くピンチを未然に防いでいました。思った以上に良い選手ですね。言い換えると最終ラインで辛うじて何とか防いでいる状態で、もう少し中盤で食い止めることはできないかなと考えてしまいます。

 前半と後半で全く違った姿を見せた大宮はまだまだ安定感がないのだと思います。今の段階では上位を狙うなどという過度な期待をしてはいけないレベルだと思います。しかし、フィニッシュの精度や守備の強さなど課題が改善されればコンスタントに力を出せるようになり目標としていた中位以上も見えてくるかもしれません。次の試合が楽しみです。


2011 Jリーグ Division1 第7節
2011年4月23日(土), 14:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 柏レイソル 0:1 (0:0)
大宮: 北野 - 杉山 (80. 石原), 深谷, キム ヨングォン, 村上 - 渡部, 青木, 上田 (75. 藤本), 東 - ラファエル, イ チョンス
柏: 菅野 - 酒井 (81. 増嶋), 近藤, パク ドンヒョク, ジョルジ ワグネル - 茨田, 大谷, 栗澤 (81.澤), レアンドロ ドミンゲス - 田中, 大津 (84. 工藤)
得点: 0:1 レアンドロ ドミンゲス (55.)
警告: キム ヨングォン, 深谷 - 近藤, 大津, レアンドロ ドミンゲス
観客: 8,441人
主審: 木村 博之

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:12  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/403-b58ff2e3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |