--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2011.04.24 (Sun)

ブンデスリーガ2010/2011 第31節 グラートバッハ vs. ドルトムント

 残り4試合で依然として最下位のグラートバッハですが、1部に残るためにはもはや負けることは許されない状況です。そんなときに優勝間近のドルトムントとの対戦となりました。しかもハンケが前節の退場で出場停止、ダンテとデカマルゴが怪我で欠場とかなり厳しい試合が予想されました。
 第30節終了時点ではこの日にレヴァークーゼンが敗れ、ドルトムントが勝てばドルトムントの優勝が決まる状態でした。つまり下手をするとボルシアパークで相手の優勝決定の瞬間を見ることになるかもしれなかったのですが、この試合の直前の試合でレヴァークーゼンが勝ったのでひとまずその心配はない状態で試合が始まりました。

 キックオフ直後から早くもドルトムントが攻める展開となりました。さすがにドルトムントの攻撃力には勢いを感じます。10分にはゲッツェが右足でシュートを放ちGKのテルステーゲンが辛うじてクリア。30分にはレヴァンドフスキが抜け出しGKをかわしたループシュートを試みますが、これを追いかけたヤンチュケがゴールラインぎりぎりでクリアするなど、いつゴールが決まってもおかしくない状態でした。

 しかし、こんな展開でなかなかゴールが決まらないときは、意外に守り続けている側がワンチャンスをものにしたりするものです。実は私は同じ日にJリーグでそんな試合を見たばかりなのでグラートバッハも苦しい時間帯を守りきれればいけるのではないかと思ったりしていました。

 そして35分に思ったとおりのことが起こりました。アランゴが前方へ出したボールを拾ったイドリスがドリブルを仕掛けるとマークしていたスボティッチがクリアミスし、イドリスがそのまま突破し左足でゴールを決めたのです。これは確かにDFのミスではありますがイドリスの力強いドリブルがスボティッチを吹っ飛ばしていったかのようにも見えました。素晴らしいゴールでした。
 前半終了直前にドルトムントはレヴァンドフスキが抜け出しGKと1対1になりましたがテルステーゲンが体で防ぎ無失点で前半を終えました。確か前回の対戦でもグラートバッハは先制しながら前半終了直前に追いつかれ、結局後半に逆転されて負けていたと思うのですが、今回は違いました。

 後半もドルトムントの一方的な展開は変わりませんが、徐々にパスミスや連係ミスが目立ちだし特にラストプレーでの精度が悪くなってきます。それでも54分のフンメルスのヘディングシュートや66分のゲッツェのミドルシュート(クロスバー直撃)、76分のシュメルツァーのシュート(GKをかすめてポスト)などゴールになってもおかしくないプレーがいくつもありました。グラートバッハには運も味方していたように思います。
 実は私はこんなシーンを見て肝を冷やしながらも、「これだけシュートしても入らないのだから、この試合のドルトムントのシュートが入ることはないだろう」とむしろ変に安心してしまいました。

 グラートバッハにはほとんどチャンスはなく、ファブレ監督もヘアマンからマルクス、ロイスからシャフテンに交代するなど終盤は超守備的なフォーメーションで相手の波状攻撃をひたすら跳ね返すことに専念しました。この戦術に関しては、リーグ戦終盤で残留争いの中にいて相手は優勝直前の強敵で1点リードとなれば当然の選択でしょう。グラートバッハの選手たちも集中力を維持してよく耐え抜いたと思います。

 今、この記事を書いている時点ではグラートバッハはついに最下位を脱出。さらに入替戦に進める16位のヴォルフスブルクはまだ試合をしていませんが、勝点では16位から18位までが並ぶ展開となっています。かなり厳しいと思っていた残留争いですが入替戦に進める可能性はかなり高くなってきました。まだ残り3試合あります。本音を言うと今シーズンのブンデスリーガは見ているのが苦痛に感じることもあったのですが、ようやく面白くなってきました。


1. Bundesliga, 2010/11 31.Spieltag
23.04.2011, 18:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Borussia Dortmund 1:0 (1:0)
Borussia: ter Stegen - Jantschke, Stranzl, Brouwers, Daems - Nordtveit, Neustädter - Herrmann (62. Marx), Arango - Reus (85. Schachten), Idrissou (79. Matmour).
Dortmund: Weidenfeller - Piszczek, Subotic, Hummels, Schmelzer - Bender, da Silva - Blaszczykowski (64. Zidan), Götze, Großkreutz (85. Stiepermann) - Lewandowski (64. Barrios).
Tore: 1:0 Idrissou (36.)
Gelbe Karten: Fehlanzeige
Zuschauer: 54.057 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Wolfgang Stark (Ergolding)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : TV観戦記

16:17  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/404-10407f6c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。