2011.05.04 (Wed)

2011 J-League Division 1 第9節 甲府 vs. 大宮

 ゴールデンウィーク真っ只中の5月3日に甲府に行ってきました。恥ずかしながら小瀬スポーツ公園陸上競技場が、山梨中銀スタジアムに名前が変わっていたことを2日前にチケットを購入したときに初めて知りました。


 当日は大宮から甲府まで車で出かけたのですがこれが大失敗でした。朝7時頃に大宮を出たのですがひどい渋滞に巻き込まれ小瀬スポーツ公園に着いたのは12時近くでした。駐車場はすでに満車でかなり離れた臨時駐車場に車を停めることに。でも、本当に大変だったのは帰りの渋滞なのですが・・・。
 
 私が甲府に来たのは今回が3度目です。最初は2001年のJ2最終節でした。そのときはスコアレスのまま延長に入り大宮が延長Vゴールで勝ったのですが、現在、徳島にいる島田のクロスを外池が落として西脇が決めた決勝ゴールは今も記憶に残っています。当時大宮を指揮していたのは現在甲府の三浦監督でした。
 2度目の観戦はJ1の2007年シーズンでした。スコアレスドローに終わった試合ですが、ロスタイムのビッグチャンスでシュートをはずしたラドンチッチのことが強烈に印象に残っています。その試合で大宮を指揮していた佐久間悟氏は現在甲府のGM。また大宮の選手として試合に出ていた富田大介、控えのGKとしてベンチにいた荻晃太が現在は甲府の選手として、一方で甲府の選手として出場していた杉山新が現在は大宮の選手となっています。

 そんなことを思い出しながら、スタジアム外の売店で食べ物を買ったりしながらアウェイゴール裏に入ってみると、アウェイ用に割り当てられたスペースはすでにほぼ満員。空いている席を探すのに苦労しました。


 さて、試合を振り返っておきますと・・・

 前半は大宮がよいサッカーをしていたと思います。その流れが続く中、15分に東がペナルティエリアの外側からGKの頭を越すループシュートで先制しました。GKが前に出ているのを見て狙った技ありシュートでした。しかし残念ながら反対ゴール裏にいた私からは非常に距離が遠くてよく見えませんでした。
 前半の大宮を見ていると、ダイレクトパスがテンポよくつながり、おそらく鈴木監督の目指しているアグレッシブで連動性のある見ていて楽しいサッカーがだいぶ形になってきているのではないかと思います。しかし、残念なのはゴールが決まらないということ。そして、これは柏戦の後半にも感じたのですがシュートを狙う積極性が欠けているように感じる点です。 

 後半に入ると最初の5分くらいは大宮にチャンスがありましたが、決定機でもゴール前でラファエルとイチョンスのコンビネーションがあわずにゴールを決めきれず、結果的にはこれがひびくことになります。
 甲府は53分にダニエルからのロングフィードをハーフナーが頭でつなぎ阿部がボレーシュート。甲府は阿部が入ってからセカンドボールを拾えるようになってはいましたが、ゴールは本当にシンプルな形で決まりました。ハーフナーに対してはキムや深谷がかなり厳しくマークしほとんど仕事をさせなかったのですが、この場面だけ決定的な仕事をされてしまいました。それにしてもDFのダニエル、初めて見たのですがかなりいい選手だと思いました。
 その後は、大宮に前半のような動きは見られなくなり、甲府が攻める時間が多くなりましたがゴールは決まりません。試合の終盤に入ると今度は再び大宮が押し込むようになりますが、こちらも決定的チャンスはロスタイムにラファエルが放ったシュートだけ。この最後のチャンスも荻に防がれて1:1のドローに終わりました。



 前半は大宮、後半は甲府が攻め込む展開でどちらにもチャンスはあったので、客観的に見れば引分けという結果は別におかしなものではないとは思います。ただし、大宮を応援している私から見るとこのドローは実に悔しく感じます。
 まださほど心配する時期ではないと思いますが、勝てそうな試合を落とし続けているのが気になります。今シーズンの大宮はよい戦力補強もできていて個人的にも期待しているのですが、調子がよいときにポイントを稼いでおくことができないと、結果的にはいつもどおり残留争いをしているなどということになってしまうように思います。

 さて、愚かな私は甲府からの帰路も大渋滞に巻き込まれた上に、この試合観戦の直後からなぜか花粉症の症状が悪化しくしゃみや鼻水が止まらなくなり散々な目にあいながら深夜に帰宅しました。やはり何事もしっかりと状況判断をできないといけないと反省しました。


2011 Jリーグ Division1 第9節
2011年5月3日(火), 14:03, 山梨中銀スタジアム
ヴァンフォーレ甲府 - 大宮アルディージャ 1:1 (0:1)
甲府: 荻 - 吉田, ダニエル, 冨田 (75.小林), 内山 - 養父 (32. 阿部), 伊東, 石原, 永里 - 松橋 (61. 柏), ハーフナー マイク
大宮: 北野 - 渡部 (88.杉山), 深谷, キム ヨングォン, 村上 - 青木, 上田, 藤本 (65. 石原), 東 (78. 金久保) - イ チョンス (88. 金澤), ラファエル
得点: 0:1 東 (15.), 1:1 阿部 (53.)
警告: 永里
観客: 12,056人
主審: 松尾 一
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

14:01  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/409-353bf730

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |