2011.06.12 (Sun)

2011 J-League Division 1 第14節 大宮 vs. 浦和

 さいたまダービーは昨シーズンまで大宮がホームの場合でも、1シーズンをのぞいて浦和のホームスタジアムを使用して開催されてきましたが今シーズンからはホームのNACK5スタジアムで開催されることになりそうです。私は大宮がNACK5スタジアムが改修された当初は運営面などの問題でさいたまスタジアムでの開催はやむを得ないと思っていましたが、大宮のホームはNACK5で開催するのがダービーとしての当然の姿だとは思います。


 試合前にホームのゴール裏へ行ってみるとマスコットのダンスが始まろうとしていました。そこで写真を1枚。大宮のマスコット、特に「ミーヤ」のほうは最近その行動がいろいろ話題になっているらしい。


 で、この試合、ひとことで言うなら原口元気に尽きるでしょう。試合自体は両チーム、および審判も含めてパッとせず凡戦といってもよい内容だったかもしれませんが、そんな中でも後半の原口の活躍は光っていました。

 前半は大宮がロングボールを多用し押し込む展開になり特に両サイドで比較的自由にボールをキープできていましたが、フィニッシュの一つ前がうまくいきません。これは今シーズンの当初から見慣れた光景です。悪くはないのですが決め手がないという感じです。ラファエルのヘディングシュートによる先制ゴールは素晴らしいものでしたが、これはクロスに対して出足の遅れた浦和DF山田のミスと言えるプレーでした。
 一方、前半の浦和のほうもエジミウソンと高崎にゴール前で一度ずつ決定機がありましたが単発的なものでありそれ以外はほとんど見せ場はありませんでした。ただ、試合後のペトロビッチ監督の見方は違っていて「前半試合を支配しながら、チャンスを多く作り出し、相手にはほとんどチャンスを与えず、その中で子供じみた失点をしてしまった。」ということだったようです。
 確かに大宮に決定的なシーンはそれほど多くなかったし、失点はセンターバックの失態による部分が大きかったですが、前半は試合を支配していたのはむしろ大宮の方でもう一工夫あれば2点目が取れていたのではないかと思います。


 後半、比較的早い時間にセットプレーから深谷のゴールが決まり2点差になりました。これは浦和DF山田の集中力が切れていたのか、絶好のポジションで完全にフリーとなっていました。ここまでの浦和の出来からすると深谷のゴールで大宮はかなり有利になったと思いましたが、そのすぐ3分後にPKを与えてしまい、エジミウソンが決めて1点差になるとここから大きく流れが変わります。このPKの判定は確かに大宮にとって不運としか言いようがありませんが、この日の主審が誰かということを考えればある程度想定していなくてはいけなかったのかも。
 大宮はこのあたりから中盤の運動量が落ちてきますが、そうなると後半から入った田中のスピードが機能して浦和がボールを支配する時間が長くなります。そしてこの試合のハイライトとなった原口のゴール。ドリブルで2人をかわしバランスを崩し倒れながら左足でゴールの右隅に蹴り込みました。執念を感じるゴールです。原口はこのあとも足をつりながらも何度もドリブルを仕掛けチャンスを作り出していました。私は浦和の試合をほとんど見ないので原口のプレーを見る機会もほとんどないのですが体の強さのみならず精神的な部分も非常に強い選手なのだと感じました。この試合で最も印象に残った選手です。
 その後、大宮は途中交代で入った石原のパフォーマンスは素晴らしくスピラノビッチをほとんど相手にせず1人で決定機を何度も作っていました。勝手なことを言うと石原のプレーをもっと長く見たいです。

 大宮は未だにホームで1勝もできない状態が続いています。この試合は2点リードしながらも勝てませんでした。今は辛うじてアウェイで勝っているけれどやはりホームで勝てないチームはリーグの終盤ではかなり苦しむことになると思います。また、ホームで勝てないのでは客も増えません。次はぜひ勝利を見たいです。
 この試合に関して言えば、大宮が一生懸命攻め込み何とか手にしたリードをいとも簡単に追いつかれてしまった感じがして空しさが残りました。このあたりが底力の差なのでしょうか。では今の浦和にあって大宮に欠けているのは何でしょう。私は、ひとりで局面を打開できるような個人技、そしてメンタリティの強さなのではないかと思いました。それが原口のゴールに集約されていたように思います。そしてその差はまだかなり大きいのではないかと感じてしまいました。


2011 Jリーグ Division1 第14節
2011年6月11日(土), 19:03, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 浦和レッズ 2:2 (1:0)
大宮: 北野 - 渡部, 深谷, キム ヨングォン, 坪内 - 青木, 上田, 東 (80. 石原), 藤本 (75. 渡邉) - ラファエル (84. 金久保), イ チョンス
浦和: 加藤 - 高橋, 山田(暢) (66. スピラノビッチ), 永田, 宇賀神 - 鈴木 (72. マゾーラ), 柏木, マルシオ リシャルデス, 原口 - 高崎 (45. 田中), エジミウソン
得点: 1:0 ラファエル (37.), 2:0 深谷 (53.) 2:1 エジミウソン (56. PK), 2:2 原口 (78.)
警告: キム ヨングォン, イ チョンス - 原口
観客: 12,221人
主審: 家本 政明


スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

12:29  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/429-476dc168

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |