2011.07.02 (Sat)

グラートバッハ、今シーズン最初の練習試合

 今シーズン最初の練習試合の相手はツヴァイテリーガのグロイター・フュルト。元グラートバッハのクライネやドルダがいるクラブです。もっともクライネに関して言えばグラートバッハに来る前にもフュルトでの在籍年数は長くもはやフュルトの顔といってよい選手です。フュルトといえば、このところツヴァイテリーガ昇格後の11シーズンのうちなんと7シーズンで5位に終わっていましたが、昨シーズンはついにその壁を乗り越えクラブ史上最高の4位になり、今シーズンは選手の補強なども考慮すると間違いなく1部昇格候補となるでしょう。

 グラートバッハは、キャンプに遅れて合流したロイス、テアステーゲン、ノルトヴァイト、ヴェント、ツィマーマン、ルップといった面々は出場しませんでしたが、それ以外のメンバーは前後半にわかれてほぼ全員が出場しました。
 試合の経過ですが、まず開始早々にフュルトは5分に今シーズンオッフェンバッハから加入したカナダ代表FWのオリヴィエ・オーシャンが先制ゴールを決めます。グラートバッハは前半終了直前にレンタルから復帰したボバディージャがペナルティエリアの右側で相手ボールを奪うと中央に詰めていたテスト生のカイェヴィッチが決めて同点としました。しかし、後半にブラウェルスのペナルティエリア内でのハンドによりフュルトにPKが与えられ、これをネーリヒが決めて再びフュルトが1点をリード。その後はどちらもゴールを奪えずに試合が終わりました。

 といった具合に、グラートバッハは今シーズン最初の練習試合でいきなり敗れてしまいました。もちろんファヴレ監督はこの試合の内容には不満で、「この試合には満足していない。我々が見せたテクニックはあまりにも少なく、ボールロストはあまりにも多く、決定機はあまりにも少なかったからだ」というコメントを残しています。しかし、この試合の結果は全く気にする必要はありません。前述の通りフュルトはツヴァイテでも上位クラスの力を持ったチームで、さらにツヴァイテはもう開幕を約2週間後に控えているため急ピッチで仕上げてきているのですから。
 グラートバッハはこの試合でゴールを決めたテスト生のカイェヴィッチはよいアピールになったことと思います。またボバディージャもアシストを決めるなど、なかなかよかったようでこれからに期待が持てそうです。


Freundschaftsspiel
30.06.2011, 18:30 Uhr
SpVgg Greuther Fürth - Borussia M'gladbach 2:1 (1:1)
Fürth: Grün – Nehrig, Kleine, Mavrai (60. Karaslavov), Schmidtgal – Fürstner (87. Baumgärtel), Prib (80. Dorda), Klaus, Pektürk – Occean (60. Tyrala), Nöthe (80. Vogler).
Borussia, 1. Halbzeit: Heimeroth – Levels, Anderson, Dante, Daems – Marx, Bieler, Herrmann, Kajevic – Hanke, Bobadilla.
Borussia, 2. Halbzeit: Blaswich – Jantschke, Stranzl, Brouwers, Dams – Neustädter, Korb, Dowidat, Kajevic (76. Herrmann) – Leckie, Idrissou.
Tore: 1:0 Occean (5.), 1:1 Kajevic (45.), 2:1 Nehrig (53., Handelfmeter).
Zuschauer: 504.

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

02:10  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/437-683bfbc1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |