2011.07.04 (Mon)

2011 J-League Division 1 第2節 大宮 vs. 広島

 ホームで未だに勝ちのない大宮ですが、最近はサポーターのイライラも徐々に蓄積されている気がしますし、観客数の少なさも気になるようになってきました。早くまず1勝がほしいところです。


 大宮はついにラファエルと石原の2トップ。正直なところ私はこれを待っていました。前半は大宮がゲームを支配しているように見えました。いつもの試合よりも中盤の連携がよくボールがよく動き石原とラファエルの関係もよかったと思います。シュートまで持ち込む場面もいつもよりも多かったと思いますが、決定機はほとんどなく、広島サイドから見ても安心していられる状態だったのではないかと思います。


 後半始まってわずか4分後に広島は森崎浩司のコーナーキックを盛田が頭で合わせて先制します。それまでほとんど相手にチャンスを与えていなかった大宮にとっては痛恨の失点でしたが、なんだかもう見慣れた光景です。
 その後の大宮はさらに攻撃的になりますが、中盤にスペースができてしまいセカンドボールを拾われカウンターからのピンチが増えてひやひやさせられます。
 そんな展開の中、大宮は62分にペナルティエリア内で石原が広島のGK西川に倒されPKを得ますが、なんとこれをラファエルが失敗してしまいました。その後の大宮は気持ちだけが空回りしたような攻撃を繰り返し、点の入りそうな気配はほとんどありませんでした。いや、一度、盛田が自陣のペナルティエリアから信じられないようなパスミスをして、このボールを奪った石原がシュートするというシーンがありましたが、これも枠をはずしてしまいました。そして、試合はそのまま0:1で終了。大宮はまたしてもホームで勝利することはできませんでした。


 うーん、何度も同じような展開の試合を見せられると正直こたえます。前半に優位に立ちながらゴールが決まらず、後半にあっさりと先制されて敗れてしまうという展開を何度見たことか。まあ、ある意味では順当な敗戦だったといってよいのではないでしょうか。さすがの私も腹がたって仕方がないのですが、ゴールを決めたのが盛田だったということがせめてもの救いです。

 広島は攻撃的で面白いサッカーをすると思っていましたが、意外なことに攻撃にはまるで迫力を感じませんでした。それでもチャンスをきっちり決めて逃げ切るところはさすがに優勝候補の呼び声の高いクラブです。優勝争いをするには暑い夏の連戦ではこういう試合でもきっちりとポイントを取っていくことが重要でしょう。
 それに対して大宮はハードワークがなかなか実を結ばずむなしい限りです。このあとのホームゲームはガンバ大阪、横浜Fマリノス、ベガルタ仙台と普通に対戦したら勝てそうにない相手が続きますが、もはや相手との力関係のことなどは言ってられないでしょう。


2011 Jリーグ Division1 第2節
2011年7月3日(日), 19:05, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - サンフレッチェ広島 0:1 (0:0)
大宮: 北野 - 渡部, 坪内, キム ヨングォン, 村上 (90.+2 清水(慎) ) - 青木 (79. 藤本), 上田, 東, イ チョンス (84. 渡邉) - ラファエル, 石原
広島: 西川 - 森脇, 森崎(和), 盛田 - ミキッチ, 中島 (29. 青山), 森崎(浩), 山岸 (76. 服部), ムジリ (62. 高萩), 李 - 佐藤
得点: 0:1 盛田 (49.)
警告: 盛田
観客: 8,526人
主審: 西村 雄一
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:50  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/440-1862aafe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |