2011.07.06 (Wed)

ダービーカップなど

■ アーヘンのダービーカップ

 7月4日、アーヘンのチボリスタジアムにて、アレマニア・アーヘン、フォルトゥナ・デュッセルドルフ、ボルシア・メンヒェングラートバッハの3クラブによるダービーカップが開催されました。この大会は、45分を1試合として3チームがそれぞれ対戦する形式のもので、ウィンターブレークではこの手の大会があちこちで開催されています。
 
 まず最初の試合はホームのアーヘンとデュッセルドルフが対戦し終了直前の45分にゴールを決めたデュッセルドルフが勝利しました。
 次に、グラートバッハがデュッセルドルフと対戦しますが、45分間の試合がスコアレスで終わったためPK戦となります。グラートバッハは、ドヴィダートとブラーウェルスがともに失敗し0:2でで敗れました。
 最後に、グラートバッハとアーヘンが対戦。この試合も45分間ではともにゴールは奪えずPK戦に入りますが、ここではハイメロートが相手のPKを2つ止める活躍を見せ、3:2で勝利しています。この3試合の結果、デュッセルドルフの優勝、グラートバッハは2位、アーヘンが3位という順位に終わっています。
 
 試合後のファヴレ監督のコメントによると、「最も内容の乏しかったデュッセルドルフが勝ち、最もよかったアーヘンが最下位、おかしなことだが、これがフットボールだ」とのことです。グラートバッハは、テアステーゲン、ルップが初登場となったデュッセルドルフ戦はゴールこそありませんでしたが非常によい内容だったようです
。2つの試合の出場選手をまとめておきます。

Borussia(gegen Fortuna): ter Stegen - Jantschke, Anderson, Brouwers, Daems - Neustädter, Korb - Rupp, Dowidat - Reus, Bobadilla.
Borussia(gegen Aachen): Heimeroth – Zimmermann, Stranzl, Dante, Wendt – Marx, Nordtveit – Herrmann, Kajevic – Leckie, Hanke.


■ ボルシアが柏の大津を獲得か

 柏大津もブンデスへ ボルシアMGに移籍 (nikkansports.com)
 【柏】大津が正式契約に向け独出発 (nikkansports.com)

 柏レイソルの大津祐樹がメンヒェングラートバッハでメディカルチェックを受けて問題がなければ契約をするのではないかとの報道があります。実現すればグラートバッハにもついに待望の日本人プレーヤーが誕生するということで、私は正直に言ってすでにわくわくしているのですが、これはまだ決まった話ではないようですので静観したいと思います。
 グラートバッハは攻撃的な選手を補強ポイントとしており、マンチェスターユナイテッドから19歳のジョシュア・キングをレンタルで獲得する予定でしたが、キングが怪我により手術をしていることから先行きが不透明な状態となっています。また、左サイドのMFアランゴがベネズエラ代表のメンバーとしてコパ・アメリカに出場しておりチームへの合流はかなり先になります。そこで、モンテネグロU-21代表のカイェヴィッチをテスト中です。カイェヴィッチは練習試合に出場しすでにゴールも決めています。
 また、そのほかにセミル・スティリッチ(レフ・ポズナン)、デューサン・デュリッチ(FCチューリッヒ)にも獲得のうわさが出ています。

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

02:38  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/441-87bc365d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |