2011.07.10 (Sun)

Testspiel アバディーン戦

 7月9日に行なわれたスコットランド1部リーグ所属のアバディーンとの練習試合は5:2でグラートバッハが勝利しました。アバディーンの本来の力はわかりませんが、少なくても現時点での力の差はかなりあり、グラートバッハにとってはチームの仕上がり具合を試す相手としては物足りなかったようです。その結果、後半はグラートバッハのゴールラッシュとなりました。特に新加入のルップ、レッキーがゴールを決めているのが光っています。ルップの先制ゴールはダンテのハーフライン付近からのロングボールをダイレクトで合わせたもの。後半から入り2ゴールを決めたレッキーはスピードのあるところを見せました。レッキーはリーグ戦でもかなり面白い存在になりそうに思います。

 この試合のスタメンには昨シーズンの前半までは右サイドバックのレギュラーとしてほぼフル出場しチームの副キャプテンも務めてきたトビアス・レフェルスが名を連ねました。レフェルスは数日前にファヴレ監督の構想から外れた選手の一人で今後は移籍先を探すことになります。レヴェルスの守備は落ち着いてみていられるものではありませんが、昨シーズン前半のディフェンス壊滅状態のときは右サイドだけは本来のレベルを維持できていたと思います。今後、移籍先がスムースに決まることを願っています。

 テスト生として練習に参加している大津はこの試合は左サイドの中盤に入りフィールドプレーヤーとして唯一フル出場しました。私はこの試合の映像は見ていませんが、RP Online の記事によれば大津は持ち味の積極的なプレーとスピードで何度かチャンスにも絡み、特に前半によい印象を与えたとのことです。ボルシアが大津と契約を結ぶかどうかについてはこの数日中に決定される見込みです。

 Borussia besiegt Aberdeen 5:2 (RP Online)


Testspiel
09.07.2011 15:30 Uhr, Grenzlandstadion, Rheydt
Borussia M'gladbach - FC Aberdeen 5:2 (1:1)
Borussia: ter Stegen – Levels (45. Jantschke), Stranzl (60. Dams), Dante (60. Brouwers), Daems (60. Wendt) – Neustädter (60. Zimmermann), Marx (60. Korb), Otsu, Rupp (60. Herrmann)- Bobadilla (45. Hanke), de Camargo (45. Leckie)
FC Aberdeen: Gonzalez - Clark, Considine, Mawene, Foster – Robertson (57. Jack), Osbourne (45. Wilson), Magennis (85. Brown), Fyvie (65. Pawlett) – Mackie (65. Vernon), Paton (85. Low)
Tore: 0:1 Magennis (10.), 1:1 Rupp (19.), 2:1 Leckie (47.), 3:1 Hanke (73.), 4:1 Hanke (75., Elfmeter), 5:1 Leckie (79.), 5:2 Pawlett (88.)
Gelbe Karte: Otsu - Fyvie, Considine
Gelb-Rote Karte: Milson (90.)
Zuschauer: 2200
Schiedsrichter: Thomas Metzen (Mechernich)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

07:45  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/444-7b13e405

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |