2011.07.11 (Mon)

2011 J-League Division 1 第3節 大宮 vs. G大阪

 まず個人的な感想から書くと、石原の素晴らしい2つのゴールが見られて大満足です。1点目は左足での豪快なミドルシュート、2点目は上田からのクロスをペナルティエリア内に飛び込んでヘディングで流し込みました。石原に関してはゴールの決定力だけではなく、空中戦も含めた1対1での強さや相手にファールさせる技術もあり、おそらく観客としてみている以上に相手DFにとっては嫌な存在なのだと思います。そんな選手をジョーカーとして使いたい気持ちもわからなくはないですが、やはり最初から使わないともったいないです。この試合は石原がしっかり結果を残すことでそれを証明してくれたと思います。
 また、皮肉にも石原が怪我で退いてからあっさりと逆転されたことも石原の重要さを示したと思います。とにかくしっかりと守備をしますから。この試合では交代で入った選手が守備をしない選手でしたので相手は楽になりました。
 この試合を見る限り鈴木監督も石原をFWとしてゲームの最初から使うことになるだろうと思いますが、問題は石原の怪我の具合です。軽いものであることを願います。


 試合内容に関して言えば、大宮は完敗といってよいでしょう。この試合も広島戦同様に相手よりもシュート数は多かったのですが石原の2ゴール以外は、私は点が入りそうなシュートはありませんでした。また中盤もボールを保持していても前線へのパスが通せずに決定機を作れませんでした。まあ、こればかりはコンビネーションの問題なので中盤が悪いとか前線が悪いとか一概には言えませんが。


 ガンバについては、予想通りの攻撃力を示しました。特に前半はボールを奪ってから次々と仕掛ける攻撃は迫力がありました。タレントも揃っています。
 注目の宇佐美ですが、残念ながらそれほど見せ場は多くなくミスなども見られましたがしっかりと得点に絡んでくるのはさすがです。イグノの先制ゴールのアシストとなった右からのクロスは素晴らしかったです。ドイツへ移籍しても私は敵としてみることになると思いますが、しっかりと試合に出られるようになって欲しいと思います。


 ところで、大宮のホーム初勝利はいつになるでしょうか。次のホームの相手は横浜ですので簡単にはいかないでしょう。ということは来月までお預けですか。まあ、あまり期待しすぎるとよくないような気がしてきたのでもう意識しないようにします。それよりも降格ゾーンまで勝ち点差わずか4。こちらのほうが心配になって来ました。


2011 Jリーグ Division1 第3節
2011年7月10日(日), 19:03, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ガンバ大阪 2:3 (1:1)
大宮: 北野 - 渡部, 坪内, キム ヨングォン, 村上 (85. 深谷) - 金澤 (78. 藤本), 上田, 東, 青木 - 石原 (65. イ チョンス), ラファエル
G大阪: 藤ヶ谷 - 加地, 中澤, 山口, 下平 - 遠藤, 武井, 二川 (66. 佐々木), 宇佐美 (81. 高木) - 平井 (46, キム スンヨン), イ グノ
得点: 1:0 イ グノ(5.), 1:1 石原(45.), 2:1 石原(59.), 2:2 中澤(75.), 2:3 キム スンヨン(77.)
警告: ラファエル - 二川, 下平
観客: 11,982人
主審: 山本 雄大
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:15  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/445-2049b8c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |