--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2011.07.17 (Sun)

Testspiel FCポルト戦

 FCポルトとの練習試合は7月16日の19:30からオーバーハウゼンのニーダーラインシュタディオンで行なわれました。グラートバッハは、これまで何試合かの練習試合を順調にこなしてきていますが、相手とのコンディションの差やレベルの差があったり、また試合の目的も新加入選手を中心に選手の力や組み合わせを確認することに置かれていたのでチームの完成度を確認する形ではなかったと思います。ネットでハイライトを見てもさほど緊張感が伝わってくる感じではありませんでした。しかし、今回の相手は言わずと知れた強豪クラブですので、グラートバッハとしては初めて今のチームの完成度が測れる試合になったといえると思います。

 FCポルトは昨シーズンのUEFAヨーロッパリーグのチャンピオン、ポルトガルリーグもぶっちぎりで優勝しておりチーム力はグラートバッハの数段格上です。FWのウルク(Jリーグ時代は"フッキ"でしたね)はリーグ戦26試合で23ゴールを決めて得点王になった選手。私はポルトガルリーグはほとんど見ませんが、Jリーグ時代のフッキは何試合か見たことがあります。当時からJリーグには納まらないスケールの選手だとは感じていましたが、その後、世界的なスーパースターになったっようです。ポルトはコロンビア代表のファルカオがコパアメリカ出場のため欠場した以外はほぼベストメンバーで来ました。
 ボルシアのスタメンは昨シーズン終盤のメンバーが中心でコパアメリカに出場しているアランゴに変わってルップが左の中盤に入ったくらいでしょうか。間違いなくこのメンバーがファヴレ監督のベースになるでしょうから、これが現段階でのベストメンバーなのだと思います。
 
 試合は攻撃にタレントをそろえるポルトが序盤から何度かチャンスを作り出す展開で、特にウルクは個人技でDFを突破しシュートまで行きテアステーゲンを脅かします。しかし、そのウルクは25分に早くも2枚目の警告で退場。強烈なインパクトを残しつつあっという間に自滅するところはJリーグ時代とは変わっていないようです。その結果、グラートバッハが数的優位になりますが、その後もポルトの攻勢は続き無失点でしのぐことで精一杯だった様子。テアステーゲンがピンチを何度も防ぐ活躍を見せましたが、グラートバッハの攻撃にはあまり見せ場はないままスコアレスドローで終わりました。

 私は試合の映像を全く見ていないどころかWebラジオも聴いておらず、公式サイトやいくつかの記事を読んだだけなので詳しいことはわかりませんが、相手に退場者が出たのに得点チャンスを作れないスコアレスドローというのは確かに物足りなさを感じます。しかし相手がポルトということを考えればドローでも悪い結果ではないかもしれません。ブンデスリーガの開幕までにやるべきことはまだまだあるはずでそれらが明らかになったのであれば有益な練習試合だったと思います。少なくてもここで間違って勝ってしまい変な油断が生じなくてよかったと解釈したいです。

 ところでこの試合は、Fohlen.TVでライブ放送されました。プレスカンファレンスや選手インタビューなども放送しているようなので、リーグ戦もライブで放送してくれるのであればかなり魅力的ですね。


Testspiel
16.07.2011 19:30 Uhr, Niederrheinstadion, Oberhausen
Borussia M'gladbach - FC Porto 0:0 (0:0)
Borussia: ter Stegen - Jantschke, Stranzl (70. Brouwers), Dante, Daems (70. Wendt) - Nordtveit (70. Korb), Neustädter (80. Marx) - Reus, Rupp - de Camargo (80. Herrmann), Hanke (70. Bobadilla).
FC Porto: Helton - Sapunaru (77. Djalma), Rolando, Maicon (60. Sereno), David (60.Fucile) - Souza (60. Otamendi) - Joao Moutinho (77. Sereno), Ruben (60. Castro) - Varela (60. Christian), Walter (46. Kleber), Hulk.
Tore: Fehlanzeige.
Gelbe Karten: Herrmann - Hulk, Fernando, Castro.
Gelb-Rote Karte: Hulk (25.)
Zuschauer: ca. 4.000
Schiedsrichter: Thorsten Kinhöfer (Herne)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

07:55  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

こんにちは。ごぶさたしてます
私はFohlen.TVのLiveで見ました。
守備面ではけっこうヒヤヒヤさせられることが
多かったですね。
あとReusがあまり目立ってませんでした。
怪我明けだからでしょうか?
Ter Stegenは大活躍でしたよ!
彼の好セーブがなければおそらく失点してたかも
しれません...
らん |  2011年07月17日(日) 11:47 |  URL |  【コメント編集】

らんさん
情報ありがとうございます。
こんにちは。Fohlen.TV契約されているのですね。
特に画面が固まったりせずに問題なく見られますか。
Liveもいいですけど、日本時間の深夜の試合などは
あとで録画が見られるのがいいですね。
FC Porto戦は、やはりGKのみが収穫という感じだったのですね。
今季は彼がゴールを守ることでDFも安心できて守備もよくなり
失点数も大幅に減るのではないかと期待しています。
Reusはこれから調子を上げてくるでしょうね。
無理して怪我をしないようにしてほしいです。

reis |  2011年07月18日(月) 10:03 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/449-50cdfd6c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。