2011.07.27 (Wed)

2. ブンデスリーガ 2011/12 第2節 パダボーン vs. デュッセルドルフ

 ツヴァイテリーガの第2節、パダボーンのホーム開幕戦の相手はフォルトゥナ・デュッセルドルフです。私は昨シーズンまでのシューベルト監督の率いるパダボーンのサッカーに感銘を受けていましたが、シューベルトがザンクト・パウリの監督に就任し、今シーズンは昨シーズンまでプロイセン・ミュンスターを指揮していたロジェ・シュミットが指揮することになりました。主力選手も入れ替わり今シーズンはどんなサッカーを見せてくれるのか楽しみにしていました。

 序盤はどちらもボールがおさまらず少々落ち着かない展開になります。特にパダボーンは相手ボールに対してかなり厳しくチェックに行くせいか若干荒れ気味に。パダボーンは33分に得たフリーキックのチャンスで新加入のメハが距離のあるところから直接ゴールを狙いますが相手GKに辛うじてクリアされました。この時間帯になるとパダボーンがボールを持つ時間が長くなります。ショートパスをつなぎながらサイドから相手を崩していく流れは非常によいのですが攻撃にスピードがないため完全に崩しきれません。
 そうこうしているうちに41分にヴィッシンクがペナルティエリア内でランベルツをスライディングタックルで倒してPKをとられてしまいました。このPKをランゲネケが決めてフォルトゥナが1点をリードして前半を終えました。前半はパダボーンにとっては不運でした。Zweikampfでことごとくファールをとられ挙句の果てにはPKもとられてしまったのですから。その前にパダボーンはブリュックナーがペナルティエリア内でフォルトゥナのDFに倒されましたが、シミュレーションととられ逆に警告をもらっていましたので余計にそう感じます。

 ハーフタイムにシュミット監督は2人の選手を同時に入れ替えました。これが功を奏したのか後半はパダボーンが一方的に攻め込む展開になります。前半からセカンドボールはほとんど拾っていましたが、ボールを奪ってからショートパスやロングパスを使い分けて両サイドから何度も崩すようになります。しかし、残念ながらゴール前での工夫が足りず、中央を固めるフォルトゥナの守備を崩せません。それに対してフォルトゥナは54分に左からのコーナーキックをルキミヤが頭であわせましたが、パダボーンのGKクルーゼが片手で弾き出すスーパーセーブで得点を許しませんでした。
 一方的にボールを支配していたパダボーンは74分にペナルティエリアに入ったカラからのスルーパスを受けたテイラーが右足でゴールの右隅に決めてについに同点に追いつきました。ゴールを決めるとスタジアムにはブルース・スプリングスティーンの"Born in the USA"が流れます。ゴールのときに流す曲としては微妙だなと思ったのですが、よく考えるとゴールを決めたマシュー・テイラーはアメリカ人だったのでした。それにしても、"Born in the USA" なんて最近の若者は知っているのでしょうか。

 さて、同点になるとフォルトゥナも点を取りに前に出て来ます。しかし、両サイドがカウンターから突破を図りミドルシュートを撃つか、セットプレーしかチャンスにはなりません。前節で信じられないスーパーゴールを決めたレスラーもほとんど消えていました。パダボーンのほうも決定力を欠き、試合はそのままドローで終わりました。

 試合のあと、シュミット監督は「リードをされたあと追いつくことができて満足している」というコメントを残していますが、私の眼からはこの試合はパダボーンは勝たなくてはいけない試合だったように見えました。しかし、今シーズンもパダボーンはなかなか面白いサッカーを見せてくれそうだという期待はもてる試合だったと思います。特に後半の多彩な攻撃はよかったと思います。


2. BUNDESLIGA 2011/12 2.Spieltag
24.07.2011, 15:30 Uhr, ENERGIETEAM ARENA, Paderborn
SC Paderborn 07 - Fortuna Düsseldorf 1:1 (0:1)
Paderborn: L. Kruse - Wemmer, Gonther, Mohr, Wissing (46. Bertels) - Krösche, Alushi - Mehaa (45. Taylor), Kara, Brückner - Proschwitz
Düsseldorf: Ratajczak - Weber, Lukimya, Langeneke, J. van den Bergh - O. Fink, Bodzek - Beister (71. Bröker), Ilsö (86. Juanan), Dum (77. Kruse) - Rösler
Tore: 0:1 Langeneke (42., FE), 1:1 Taylor (74.)
Gelbe Karten: Krösche, Kara, Brückner, Wissing - Bodzek, Beister
Zushauer: 11.014.
Schiedsrichter: Dr. Jochen Drees (Münster-Sarmsheim)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

00:02  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/456-caf4f6be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |