--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2011.07.29 (Fri)

ボーフムが乾を獲得

 セレッソ大阪の乾貴士(Takashi Inui)のVfLボーフムへの移籍が正式に決まりました。2014年までの3年契約です。

 VfL verpflichtet Inui (VfL Bochum 公式サイト)

 攻撃的MFが手薄なボーフムにとっては乾は喉から手が出るくらい欲しい選手だったはずで、今シーズン最大の補強といってもよいと思います。今回の移籍にあたり、ボーフムのスポーツディレクター、イェンス・トット氏は、「私は、乾貴士が加わることで我々の攻撃のバリエーションを増やせると確信している。彼は若い選手で日本ではすでに高いレベルでプレーをしておりまだ発展途上だ。」とコメントし、またフリートヘルム・フンケル監督は「乾貴士はユーティリティプレーヤーで、そのドリブルと俊敏さですぐにチームの力になれるだろう」と言っています。

 私は昨シーズンからことあるごとにボーフムの攻撃が単調な原因のひとつとして攻撃を組み立てられるMFの不在をあげていました。実際にはアザウアクがその役目を果たせる選手なのですが代わりの選手がいません。昨シーズン、アザウアクが不在のときの単調極まりないサッカーは相手がミスでもしないと点が取れないといった感じすらしました。今シーズンはアザウアクが怪我でしばらく欠場となるためどうなるのか心配でしたが、案の定、この2試合は得点がとれずに苦労しています。
 乾はこの弱点を埋めるのに適任です。私は、ボーフムが乾へオファーを出していたことは聞いていましたが、乾ほどの選手が2部のボーフムへの移籍を決断するとは思えませんでした。日本人選手が次々とブンデスリーガ1部のクラブへ移籍していく中、2部のしかも凋落の道を辿りつつあるボーフムへの移籍は乾にとっては不満があるかもしれません。しかし、言い換えれば自分がチームの中心選手となり、その実力をアピールできるチャンスは多いはずです。とにかく、よく決断してくれました。

 あとは戦列を離れているMFのアザウアクとFWのテセが復帰してくるとボーフムの選手層も厚くなり今後が楽しみになってきます。昨シーズンからボーフムについては常にネガティブな感情しかもてなくなっていましたが、やっと明るい希望が持てるようになって来ました。


スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

01:21  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/458-b4d1a303

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。