2011.08.27 (Sat)

2.ブンデスリーガ 2011/12 第6節 ボーフム vs. フュルト

 ボーフムとフュルトの試合を後半から見ました。個人的な話ですがちょっと仕事のほうが忙しくなってきていたりして帰宅してからも油断しているとつい居眠りしてしまいふと気づいたら午前2時ごろ。前半が終了する時間になっていました。実に不健康な生活パターンです。そんなわけで前回の記事に引き続き、中途半端な内容なので記事にするのはやめようかと思ったのですが、少し思うことがあったのであえて記事にしました。

 ここまでの5試合でボーフムは勝点4とスタートダッシュに完全に出遅れました。さらに暗いニュースとしてキャプテンのダブロフスキに加えてMFのトスキがこの試合の数日前に練習で怪我をしてしばらく欠場するという話がありました。
 これまでほとんど結果を残せていないFWのアイディンに代えてギンチェクをスタートから起用した以外は前節と同じメンバーでスタート。前半はフュルトがサラレルのヘディングで先制し、41分にボーフムがフライヤーのゴール(乾のアシスト)で追いつき同点でハーフタイムに入りました。
 後半に入り、52分にフュルトがオーシャンのゴールで再びリードします。フュルトは後半の早い時間に1点リードしてからはそれほどガツガツと前に出てこなくなりボーフムは自由にボールを持てるようにはなりましたが、攻めに転じたときの不用意なパスミスからカウンター攻撃を受けます。そして、守備陣はこのカウンターへの対処が全く出来ずに次々と失点を重ねてしまいました。フュルトの4点目のゴールシーンなどは集中力が完全になくなっていたんだなと感じさせるような残念なシーンでした。
 
 ホームでの無様な大敗は昨シーズンもありました。同じように1:4で敗れた13節のインゴルシュタット戦ですが、昨シーズンはこの試合のあとまさかの8連勝をしてなんとか1部昇格をかけたプレーオフに進出したわけですが・・・。
 ちなみに、昨シーズンのインゴルシュタット戦の戦犯、マフライはその試合のきっかけにボーフムでのポジションを失いフュルトへ移籍し、この試合ではセンターバックで出場しているというのが面白い偶然です。マフライには悪いですが、彼がセンターバックにいるくらいなのでフュルトも決して守備が堅いとは思えません。この試合もボーフムが何度かあっさり最終ラインを抜けてシュートまで持っていくシーンがありましたが、カバーに入った選手がPKすれすれの懸命のスライディングなどでゴールを阻止しました。このあたりがボーフムとの違いでしょう。

 ところで、ボーフムの中盤にひとり使えない選手がいるようですがどういう意図があって使い続けるのでしょう。若い選手で経験を積ませればよくなるとか、能力が高いので実戦を経験していくうちによくなる可能性があるというのならわかりますが、3部のオッフェンバッハから加入したこの選手は単に能力的に2部のレベルについていけないだけのように思えるのですが・・・。これなら、もうひとり同じポジションにいる若い選手を使ってみたらよいと思うのですがベンチにも入れていませんでしたね。
 それから、フュルトのFWオーシャンを全く止められなかったのですが、たしか昨シーズンのDFBポカール1回戦で3部のオッフェンバッハに完敗したときも当時オッフェンバッハに所属していたオーシャンにいいようにあしらわれていましたね。少しは対策を考えていたのでしょうか。

 とにかく、この試合のボーフムの守備の酷さは目を覆いたくなります。これはDFに限った話ではなくMFも守備をサボっていたように思えます。何かをきっかけによくなるなど考えられるレベルではありません。ファンの立場に立つなら残念を通り越して怒りがこみ上げて来ることでしょう。わざわざ金と時間をかけて嫌な思いをするのであれば、よほど強い気持ちを持ったサポーターでなければ見に行かなくなるのは当然です。ますます客が減りますね。

 この試合を見る限り今シーズンの上位争いはまず無理でしょう。そもそもどこに勝てるというのでしょう。今のチームは完全に降格候補だと思います。それよりも残留を目標にして勝てそうな試合をしっかりととっていかないといけないと思います。ダブロフスキ、アザウアク、テセに早く戻ってきてほしいです。
 

2. BUNDESLIGA 2011/12 6.Spieltag
26.08.2010, 18:00 Uhr, rewirpowerSTADION, Bochum
VfL Bochum 1848 - SpVgg Greuther Fürth 1:4 (1:1)
Bochum: Luthe - Kopplin, Maltritz, Sinkiewicz, Ostrzolek - Kramer, Johansson - Freier, Inui, Berger (64. Aydin) - Ginczek
Fürth: Grün - Nehrig, Mavraj, Kleine, Schmidtgal (62. Pekovic) - Fürstner (71. Tyrala), Prib - Sararer, Schröck (85. Pektürk) - Nöthe, Occean
Tore: 0:1 Sararer (35.), 1:1 Freier (41.), 1:2 Occean (52.), 1:3 Nöthe (60.), 1:4 Sararer (68.)
Gelbe Karte: Aydin - Schmidtgal, Fürstner
Zuschauer: 10.719
Schiedsrichter: Tobias Welz (Wiesbaden)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

09:02  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/469-3da523a6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |