--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2011.09.14 (Wed)

2. ブンデスリーガ 2011/12 第7節 ドレスデン vs. ボーフム

 ボーフムはアウェイでドレスデンと対戦し2:1で敗れました。ボーフムはこれで4連敗となり勝点4で17位となっています。

 ボーフムは出場が微妙だったギンチェクとテセが揃ってスタメン、今のボーフムにとっては精一杯の攻撃的な布陣といえるのではないでしょうか。さすがのフンケルももうなりふり構っていられない状態なんだなと感じました。
 試合の内容は、2部の下位に沈んだ2チームの対戦らしくほとんど語るものもありませんが、勝敗を決めたポイントとなったのはやはり前半で乾が退場となってしまったことでしょう。かなり厳しいジャッジに思えましたが、この試合がドレスデンで行なわれていることを考えるとこんなことも想定しておかなくてはいけなかったでしょう。
 ドレスデンは8月末にFKオリンピク・サラエヴォから加入してツヴァイテリーガ初登場のムハメド・スバシッチが2ゴールと大活躍。さらにボーフムからレンタルで加入したばかりのデディッチが生き生きとプレーしているのが印象的でした。ボーフムでは出番が無かっただけにデディッチにとってはよい移籍だったのでしょう。
 ボーフムにとっての収穫は、強いてあげればロスタイムに途中交代で入ったアイディンがようやくゴールを決めたことくらいでしょう。とにかく、1点リードされてしまったあとは覇気の無さ、自信の無さが感じられて悲しくなってきました。

 さて、1部昇格どころかドリッテ降格に向かって突き進むボーフム。もういい加減にフンケル監督の解任に踏み切ってほしいと個人的には思います。問題は後任が誰になるかというということですが、誰になったとしても今より悪くはならないと思います。


2. BUNDESLIGA 2011/12 5.Spieltag
12.09.2011, 20:15 Uhr, Glücksgas-Stadion, Dresden
Dynamo Dresden - VfL Bochum 1848 2:1 (1:0)
Dresden: Eilhoff - Gueye, Bregerie, Jungwirth, Subasic - Kegel (80. Papadopoulos), Solga, Koch, Trojan (75. Heller) - Dedic, Poté
Bochum: Luthe - Freier, Maltritz, Acquistapace, Ostrzolek - Kramer - Dabrowski, Vogt (79. Kefkir) - Ginczek (68. Aydin), Inui - Chong Tese
Tore: 1:0 Subasic (45.), 2:0 Subasic (85.), 2:1 Ayden (90.+1)
Gelb-Rote Karten: Inui (45.)
Gelbe Karten: Trojan, Jungwith, Papadopoulos - Maltritz, Freier, Inui
Zushauer: 22.604.
Schiedsrichter: Markus Schmidt (Stuttgart)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

01:45  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/475-c6275048

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。