2011.09.20 (Tue)

フンケルがアーヘンの監督に就任

 先日、ボーフムの監督を解任されたばかりのフリートヘルム・フンケルがよりによってボーフムの残留争いの最大のライバルになりそうなアレマニア・アーヘンの監督に就任することになりました。2013年6月までの契約です。また、ボーフムでフンケルのアシスタントコーチを勤めていたクリストフ・ヨーンもアシスタントコーチとして契約しました。

 Geballte Erfahrung auf der Trainerbank  (Alemannia Aachen 公式サイト)
 
 アーヘンはここまで8試合を戦い0勝4敗4分の勝点4で17位。最下位のボーフムとは勝点で並び得失点差で辛うじて17位となっています。特に目を引くのがこれまでチームの総得点がわずかに1点ということです。
 今回の件について、スポーツディレクターのエリック・マイヤー氏は「この状況の中で、我々はすべてを水で洗い流してくれる監督を求めていた。フリートヘルムは彼の長いキャリアですでにすべてを経験しており、100%アレマニアに合った人物だ。」とコメントしています。
 確かにフンケル監督はボーフムでは失敗しましたが、それ以前はツヴァイテで監督に就任したシーズンはすべて昇格に成功しているという「昇格名人」でした。アーヘンはフンケル新監督の経験を信頼し勝点40を目標に2部残留を目指します。これで特にボーフムを含めた最下位争い、いや残留争いが面白くなってきました。ボーフムを応援している私にしてみればフンケルの率いるアーヘンには絶対勝ちたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

23:51  |  Bundesliga 全般  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/481-04836435

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |