2011.09.25 (Sun)

ブンデスリーガ2011/2012 第7節 グラートバッハ vs. ニュルンベルク

 第7節はホームにニュルンベルクを迎えての一戦です。グラートバッハはセンターバックは怪我のブラーウェルスに代わりシュトランツルが入り、FWにはハンケが復帰するという予想通りのフォーメーション。ニュルンベルクは1トップに出場停止明けのぺカートが入る4-2-3-1のフォーメーションです。

 1分もしないうちにハンケのクロスをデカマルゴが頭で合わせ、その1分後にもアランゴのクロスにデカマルゴが飛び込むなど攻撃に好調時の勢いを感じます。しかし、ニュルンベルクは落ち着いて対処しました。ニュルンベルクの中盤はコンパクトでよく組織されていて、グラートバッハとしてもそれを崩すのは簡単ではありませんでしたが、前半にチャンスは何度か作りました。16分にロイスがデカマルゴとのコンビネーションで抜け出しフリーでシュートをうったり、34分にも中央にドリブルで切り込んだロイスがいったんデカマルゴに預け、デカマルゴのヒールパスを受けてフリーでシュートを放つという場面など、2人のコンビネーションの良さは抜群です。
 前半のニュルンベルクは左サイドに入っているエスバイン、ボランチのフォイルナーらが流動的に動きながら1トップのペカートにあわせようとしますが、グラートバッハの守備は安定していてディフェンスラインの突破は許さず、ニュルンベルクに決定機は与えませんでした。

 後半に入ると両チームとも一層アグレッシブになり攻守がめまぐるしく入れ替わる展開となりました。57分にニュルンベルクは左からエスバインがシュートシュートしますがテアシュテーゲンがセーブ。直後に今度はグラートバッハ右からノイシュテターのシュートをシュテファンがセーブします。さらに59分には再びニュルンベルクのエスバインが左サイドを崩しビッグチャンスを作りますがシュートは撃てず得点は入りません。グラートバッハは73分にデカマルゴのスルーパス受けたボバディージャが完全にGKと1対1になりループ気味のシュートをうちますがGKにはじかれました。この試合、ニュルンベルクのGKシュテファンは素晴らしいセーブを連発していました。

 そして75分についにゴールが生まれます。ロイスがデカマルゴとのワンツーパスでペナルティエリア内に入ったところをピノラに倒されてPKを獲得しダエムスが決めて先制しました。ダエムスは今シーズン3点目、ブンデスリーガ1部では通算10ゴール目ですが、すべてPKによるものでまだ失敗はありません。ちなみにダエムスは、"Mr. 100 Prozent"とも呼ばれているようです。
 このあとロイスにもう一度決定的なチャンスがありましたが決めきれずにそのまま試合は1:0でグラートバッハの勝利に終わりました。特に後半は激しい攻防がありましたが1試合を通して見れば大きなチャンスはグラートバッハに多くあり、順当な結果だといえると思います。

 この試合、最も活躍が目立ったのはやはりロイスです。この試合でロイスはデカマルゴとのコンビネーションで何度もチャンスを作り、決勝点となったPKにつながるプレーもそのひとつでした。FWの選手とのコンビネーションで相手DFラインを振り切りシュートまで行く流れはロイスの最も得意とする形でトップスピードでこのプレーが出ると並みのDFならファールでなくては止められないでしょう。シュートが1つも決まらなかったのは残念ですが、それでも彼の持ち味を十分堪能できたと思います。
 また、久しぶりにフル出場となったシュトランツルは多少不用意なファールやパスミスがありましたが全体としては全く問題なし。頼りになる存在であることに変わりありませんでした。

 これで1:0での勝利が3試合続きましたが、守備面での安定感は試合を重ねるごとに増してきています。7試合で16ポイントを取れるとは想像以上です。しかし、何があるかわからないシーズンですので今のうちにポイントをしっかりとってまずはなるべく早く勝点40をクリアしてほしいものです。勝点40まであと24ポイント(残り27試合)です。


1. BUNDESLIGA 2011/12 7.Spieltag
24.09.2010, 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - 1.FC Nürnberg 1:0 (0:0)
Borussia: ter Stegen - Jantschke, Stranzl, Dante, Daems - Marx (88. Nordtveit), Neustädter - Reus, Arango – Hanke (63. Bobadilla), de Camargo.
Nürnberg: Stephan - Chandler, Wollscheid, Klose, Pinola - Feulner, Simons – Hegeler (78. Eigler), Mendler (46. Cohen), Esswein (80. Bunjaku) – Pekhart.
Tor: 1:0 Daems (75., Foulelfmeter)
Gelbe Karten: Bobadilla - Klose
Zuschauer: 51.117
Schiedsrichter: Knut Kircher

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

15:11  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

ごぶさたしてます。
Borussia好調ですね!
ロースコアが続いてますがそれでも連勝してますし
この調子で頑張ってほしいです。
この試合のロイスはシュートを決められなかったのは
残念ですが仰るとおり彼の持ち味はでていたと思います。
テアシュテーゲンはこないだ前歯2本折ってしまい
心配してのですがマウスガードをしながら
安定したプレーをしていたのでほっとしています(^^)
らん |  2011年09月25日(日) 18:26 |  URL |  【コメント編集】

らんさん
こんにちは。ロイスとテアシュテーゲン、すごいですね。
彼らのすばらしいのは、多少の怪我でも出場して、しっかりと
活躍するところですね。
彼らの活躍が続いてシーズン終了時にきっとよい結果が
出ていることを期待していますが、とにかく怪我はしないで欲しいです。
reis |  2011年09月26日(月) 21:03 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/484-e2243bf9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |