2011.10.02 (Sun)

ブンデスリーガ2011/2012 第8節 フライブルク vs. グラートバッハ

 個人的な話ですが、週末に疲労のため(実は飲み過ぎ)体調を崩してしまいました。ボーフムの試合に引き続きグラートバッハの試合も見ようと待機していましたが不覚にもダウン。結局、今朝録画(Fohlen.tv)で試合を確認しました。深夜のネット観戦は少々辛くなってきました。

 グラートバッハはダエムスが怪我により直前にメンバーをはずれ左サイドバックにはヴェントが初めてメンバーに入り、ゲームキャプテンはシュトランツルが務めます。フライブルクは前節と同じメンバーです。映像を見ると試合会場のフライブルクは晴天で観客の服装を見ると夏のように見えます。もう10月だというのに。

 ホームのフライブルクは序盤から積極的にプレスをかけてきます。もともとシセという強力なストライカーを擁していることもあり、ボールを奪ってからは素早くゴールへ向かいシセに任せるというパターンのように見えました。ただし、シセ以外にも攻撃的なポジションに個人能力の選手がいて彼らががどんどん前へ出てくるので、グラートバッハとしてもシセだけをマークしていればよいわけではありません。グラートバッハはフライブルクの勢いをまともに受けてしまう形になり守備に追われる時間が長くなりました。幸い、フライブルクはパスミスが多くチャンスを作りかけては、ミスでそれをつぶしてくれているのでグラートバッハにとって危ない場面はそれほどありませんでした。
 しかし、19分にこの試合の唯一のゴールをフライブルクが決めてしまいます。ペナルティエリアの外、ほぼ正面からフルムの放ったミドルシュートがマルクスの足にあたって角度が変わりさすがのテアステーゲンも反応できずゴールに入りました。グラートバッハにとっては本当に不運なゴールでしたが、この時点でまだ残りは70分以上ありました。

 後半に入ってすぐに48分アランゴ、デカマルゴとワンタッチでつながりロイスが抜け出しましたが左足のシュートは枠を外れました。後半はグラートバッハがほぼ一方的に攻める形になり、チャンスも多かったのですがショートパスで相手を崩してDFラインの背後に抜けたのはこのときだけだったと思います。その後は相手を崩しきれずに距離のあるところからのミドルシュートばかりでした。

 グラートバッハのショートパスをつなぐ攻撃がうまく機能するかどうかはボランチ(特にノイシュテッター)がどれだけ絡めるかがひとつのポイントだと思っているのですが、やはりフライブルクのプレッシャーを受けてしまったか十分ではなかったと思います。それと気になったのはロイスにいつものような切れ味が無く数少ないチャンスでもシュートが枠に飛ばなかったりと精彩を欠いていたことです。話は変わりますが、ドイツ代表のレヴ監督がこの試合をスタンドで観戦していましたが、この試合を見て何を思ったかは知りませんが、今度こそ代表の試合でロイスを使ってほしいと思います。

 話を戻し、後半のグラートバッハの惜しい場面といえば、75分にアランゴのフリーキックをダンテが頭で合わせたプレーと、ロスタイムには相手DFのクリアミスをペナルティエリア内でロイスが奪いシュートをしたプレーでしたがどちらもバウマンに防がれてしまいました。

 フライブルクはGKバウマンのファインセーブが光りましたが、他のDFも思った以上に粘り強いディフェンスで頑張り、これまで1試合平均3失点以上していたのがうそのように感じられました。とはいえ、やはり相手を考えるとこの試合は何としても勝ちたかった試合でした。最近は悪い内容でもそれなりに結果は出せていたのですが、この試合は本当に残念です。次は1週おいてホームでレバークーゼンと対戦です。相手との力関係や相性から考えてもかなり厳しい試合になりそうです。


1. BUNDESLIGA 2011/12 8.Spieltag
01.10.2010, 15:30 Uhr, Badenova-Stadion, Freiburg
SC Freiburg - Borussia M'gladbach 1:0 (1:0)
Freiburg: Baumann – Mujdza, Barth (46. Butscher), Krmas, Bastians (81. Nicu) – Schuster, Flum – Makiadi, Putsila, Abdessadki (90. Caligiuri) - Cissé
Borussia: ter Stegen – Jantschke (82. Herrmann), Stranzl, Dante, Wendt – Marx (69. Nordtveit), Neustädter – Reus, Arango – Hanke (62. Bobadilla), de Camargo
Tore: 1:0 Flum (19.)
Gelbe Karten: Krmas, Flum – Marx, Bobadilla
Zuschauer: 23.000
Schiedsrichter: Markus Schmidt (Stuttgart)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

12:36  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/488-7f1ed13b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |