2011.11.06 (Sun)

2.ブンデスリーガ 2011/12 第14節 1860ミュンヘン vs. ボーフム

 ボーフムはアウェイで1860ミュンヘンに勝ちました。今後に弾みのつく勝利だと思います。

 簡単に試合の経過を記すと、まず8分にフェデリコがペナルティエリア右、ゴールラインぎりぎりのところから折り返したボールを中央に走りこんだ乾がダイレクトであわせて先制。乾は2試合連続ゴールです。18分には左からのコーナーキックでフェデリコの蹴ったボールがベンジャミンのオウンゴールを誘い2点目。
 ここまでは全くよいところのなかった1860ですが、さすがに2点をリードされて攻撃的に切り替えてきました。しかし1つ1つのプレーガ強引というか雑といった感じでした。攻撃的な位置にいる選手たちのコンビネーションが悪くラウトは孤立気味、アイクナーは持ちすぎてボールを奪われたり、苦し紛れに強引な突破をはかるなど、ボーフムDFも対処しやすかったと思います。
 その一方でボーフムにも惜しい場面はありました。22分に乾がGKキラーイが飛び出しているのを見てハーフラインの手前、ゴールまで約50メートルの位置からロングシュートを狙いますが惜しくもクロスバーに跳ね返されます。これもし決まっていたらスーパーゴールだったと思います。26分にはコップリンのパスを中央の乾がフリーでシュートしますがゴールマウスの上を超えてしまいました。ここは何とか決めて3点差にしておきたかったところです。もっとも、前半のチャンスを作り出していたのはほとんどが乾だったのでシュートをはずした乾を攻めるわけにはいきません。

 後半に入るとボーフムの動きも落ち1860が攻撃に力を使えるようになります。56分にペナルティエリアに入ったラウトをシンキヴィッツが足を出して倒してしまいPKを与えてしまいます。これは全く足を入れる必要のない状況での実に不用意なプレーでした。しかし、この日もルーテがラウトのPKをストップしこの場面では失点を逃れます。しかし、66分に4番の浮かせ気味のクロスをペナルティエリアの中で受けたラウトが振り向きざまにシュートを決めて1点差になり試合がわからなくなります。ラウトのボールを受けてからシュートまでの一連の動きは素晴らしいものでしたが、簡単にマークを離してペナルティエリアの中でフリーにしてしまったシンキヴィッツの守備には不満を感じます。この試合、練習中に大腿部を痛めて欠場したマルトリッツに代わって出場したシンキヴィッツですが、この試合のようなパフォーマンスでは心配です。
 その後は幾度と無く1860がボーフムのゴールに迫りますがルーテの好守備と1860の精度の低いプレーに救われ何とかリードを守り試合は終盤に入ります。そして89分にペナルティエリアの外からのフリーキックにラウトが頭であわせついに同点かと思ったらオフサイドの判定。しかし極めて微妙でした。ビデオで見るとさらに微妙な感じですが、とにかくオフサイドで救われました。
 直後にテセに代わって途中から入ったアイディンがDFラインの裏に抜け、一度はベンジャミンに追いつかましたがそれを振り払いゴール右隅にきれいに決めて勝負あり。ようやくほっとできました。

 それにしてもボーフムというチーム、本当に安心させてくれないチームです。1:3というスコアは快勝のように聞こえますが実際は1点差になった66分から90分まではひやひやの連続でした。そして終了直前の89分にそのひやひやはマックスに達しました。私の場合は先週ドイツで似た展開の試合を体感しているので余計にそう感じてしまうのかもしれませんが。
 ヒヤヒヤの連続とは言いましたが、実際は前半で試合を決めてしまうことはできたのですが決めきれずに後半に接戦にしてしまいました。まさか観客を喜ばせようとしているわけではないでしょうが、そう疑いたくなるような試合が続いています。あとは前半のような攻撃を後半も続けられないものなのでしょうか。確かに前半は飛ばしすぎているようにも思うのですが何とか頑張って欲しいものです。


2. BUNDESLIGA 2011/12 14.Spieltag
05.11.2011, 13:00 Uhr, Allianz Arena, München
TSV 1860 München - VfL Bochum 1848 1:3 (0:2)
1860: Kiraly - Rukavina, Schindler, Benjamin, Buck (61. Rakic) - Bülow, Bierofka (85. Schäffler), Aigner, Kaiser (33. Feick) - Lauth, Volland
Bochum: Luthe - Kopplin, Sinkiewicz, Acquistapace, Ostrzolek - Kramer (Johansson)- Federico (77. Azaouagh), Dabrowski - Inui - Ginczek, Chong Tese (70. Aydin)
Tore: 0:1 Inui (8.), 0:2 Benjamin (19., Eigentor), 1:2 Lauth (66.), 1:3 Aydin (90.)
Gelbe Karte: Sinkiewicz, Kopplin
Zuschauer: 2.200.
Schiedsrichter: Daniel Siebert (Berlin)



スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

09:38  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/498-2b1f567f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |