2008.12.01 (Mon)

2008 J-League Division 1 第33節 大宮×京都

 
 今年は例年になく大宮の試合をスタジアムへ見に行きました。やはり身近にスタジアムがあるというのはすばらしいことだと思います。NACK5スタジアムは大宮公園の中にあるので式の移り変わりを感じることができるのもよいことです。さすがに旧大宮公園サッカー場のようにスタジアムで花見とサッカー観戦を同時にできるということはなくなりましたが。

 
 今日は大宮にとってはホーム最終戦ということでゴール裏では紙ふぶきが舞いました。この試合は本当に重要な一戦です。(毎週そんなことを言っているようですが、事実、大宮の場合、終盤は残留争いをしているチームとの対戦ばかり・・・)

 前半12分に大宮が先制。小林大悟のクロスを内田が折り返し藤本がシュート、ゴールキーパーがはじいたボールをラフリッチが蹴り込みました。早い時間に先制した大宮は落ち着いて試合を進めるかに思えたのですが、ミスが多く危ない場面が何度もありました。京都は林の動きがよく前線のスペースへ何度も飛び出しシュートを狙ってきます。大宮の選手たちはシュートを何とか防ぐシーンが多く、これは無失点では終われないなと思って見ていました。大宮もチャンスがなかったわけではなかったので、早くもう1点とってほしいと思っていました。

 前半はなんとか1点リードで終えた大宮でしたが、後半に入り58分に前半から大宮にとって脅威となっていた林にゴールを決められてしましました。これで京都のほうは落ち着いて試合ができるようになったのだと思います。大宮で残念だったのはチャンスを作り出していた藤本、内田が交代で退いてから攻撃面での狙いが曖昧になってしまった感じで得点の気配がまるで感じられなくなってしまったことです。本当はもっとパワープレーがやりたかったのでしょうけど、京都は守備面ではやはりシジクレイが効いていてなかなか思い通りには行きませんでした。同点でも残留が決まる京都はこのあと次第に守備的になっていきます。それは当然のことですが、とはいえ後半ロスタイムに入る頃に柳沢がコーナーフラッグのところで時間稼ぎはじめたときは正直腹が立ちました。そして試合はドローに終わり京都のJ1残留が決まりました。

 この試合は全体を通してみると、京都の方が終始優勢でチャンスも多かったので大宮としては引き分けでも仕方がないという感じがしました。しかし、それはあくまで普通のリーグ戦の試合であればということ。この試合は内容がどうであっても勝たなくてはいけませんでした。それだけにこの結果は悔しくて仕方がないです。

 
 ホームでの日程はすべて終わりましたがまだ残留は確定していません。それどころか最終節はアウェイの磐田戦。私の中では大宮が磐田は勝つイメージがないので実はかなり心配です。得失点差を考えるとこの試合に負けると磐田と順位が逆転してしまいます。何が起こるかわからない最終戦。私も磐田まで行かなくてはならなりません。


2008 Jリーグ Division1 第33節
2008年11月30日(日), 16:03, NACK5スタジアム, 11.231人
大宮アルディージャ - 京都サンガFC 1:1 (1:0)
得点者: 1:0 ラフリッチ (12.), 1:1 林丈統 (58.)

スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:22  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

泣いても笑っても最終戦ですね。
ウチは千葉です(苦笑)

ACL的には緑に勝って欲しいのですが、厳しそうだなぁ。。。
y_flugels |  2008年12月01日(月) 22:49 |  URL |  【コメント編集】

y_flugelsさん

>ACL的には緑に勝って欲しいのですが、厳しそうだなぁ。。。
緑さんも必死ですが、相手がよろしくなかったかもしれません。
もし勝ってしまうと、残留争いも大変なことになるかもしれません。
reis |  2008年12月02日(火) 01:42 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/50-ea17888e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |