--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2011.11.19 (Sat)

2011 J-League Division 1 第32節 大宮 vs. 鹿島


  しばらくスタジアムへ行くのをやめていたので、私にとってNACK5での観戦は久しぶりです。私がNACK5で観戦するときは雨になることが本当に多く感じます。このスタジアムはこじんまりとしていますが独得の雰囲気があり地元ということもあってとても愛着があるのですが屋根がほとんど無いので雨が降った場合は本当に大変です。

 この試合が始まる直前に残留争いをしていた甲府が敗れたためその時点で今シーズンの大宮の1部残留は決まりました。本来ならば喜ばしいことなのですが、私はそのことよりもホームで勝利が見たいという気持ちだけしかありませんでした。もう、残りのホームゲームはこの試合を含めて2つしかないのです。


 前半は 大宮はトップに入ったラファエルにロングボールを預けて彼のキープ力を生かして攻撃を展開しているように見えましたが中盤が下がりすぎていたためラファエルがボールをキープしてもその先が無く決定的なチャンスは作れません。前半の大宮の惜しいシーンはロスタイムに青木がペナルティエリアから
 前半の鹿島は、大宮が守備的な戦い方をしてきたこともあり中盤が比較的自由に動き回れていた感じがします。しかし、フィニッシュへ至るプレーでは大宮の体を張ったディフェンスにあい、決定機を何度も作れていたわけではありませんでした。それでも29分に興梠が抜け出してGKと1対1になった場面、43分に野沢のシュートがクロスバーを直撃した場面はゴールが決まっていてもおかしくありませんでした。特に43分の柴崎、西、野沢とつながった流れるような一連のプレーは鹿島らしさを感じさせるもので、大宮を応援していた私も素直に素晴らしいと感じました。

 後半に入ると大宮は前半を悪かった点を修正してきたのか高い位置で攻撃がつながるようになりチャンスの数が増えてきます。鹿島には遠藤のミドルシュートがクロスバーに跳ね返されるなど惜しい場面はありましたが、後半に入ってからは全く互角の展開になりました。
 そして、67分についに試合が動きます。大宮、右サイドハーフの渡邉のアーリークロスが相手に当たって角度が変わりゴール前に詰めていたイ チョンスへのピンポイントクロスになりました。イチョンスは頭でしっかりと決めてついに大宮が1点をリードしました。ゴールが決まった瞬間は私はもちろん嬉しかったですが、リードした時間が少し早すぎたかなと心配になったのも事実です。それくらい大宮が終盤に追いつかれるシーンが頭に焼き付いてしまっているのです。しかもこの試合の相手は鹿島です。
 当然ここから鹿島は小笠原、本山らを次々に投入し反撃に出ます。それに対して大宮はやはり守備に終われ前半と同じような感じになってしまいかなり嫌な感じがしてきました。80分を経過したあたりからは時間の経過が非常に遅く感じられました。そして案の定、90分に興梠に決められて同点。本当に試合直前に追いつかれてしまいました。


 久しぶりに見た大宮の試合でしたが、やはり相変わらずだなと感じました。この試合に関して言えば全体的には鹿島に決定機も多くドローでもやむをえないという印象を持ちましたが、89分までリードしている試合をドローにされたら当然悔しさが残ります。私が前回観戦したのは3ヶ月前の第20節仙台戦でしたが、ここでの観戦メモにほとんど似たようなことを書いています。3ヶ月のブランクがあり残留も決まったこともあり冷静に見られましたが、あの時期にこの試合を見ていたら私は再び取り乱してしまったかもしれません。

 例年、残留争いを展開している大宮としては今シーズンの成績はさほど悪いわけではないのですが、ホームゲームを中心に見ている私にとってはJ1昇格後最弱のチームに見えます。とにかく私はまだホームで大宮が勝った試合を見ていないし、アウェイでも神戸で相手の決定録不足に助けられた1勝しか見ていないのですから。ホームゲームを見に来る地元の人たちのためにも特に最後の甲府戦はどんなことがあってもしっかりと勝利で締めくくって欲しいと強く思います。


2011 Jリーグ Division1 第32節
2011年11月19日(土), 17:03, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 鹿島アントラーズ 1:1 (0:0)
大宮: 北野 - 杉山, 深谷, 片岡, キム ヨングォン - 金澤, 青木, 渡邉, 橋本 (86. 坪内) - ラファエル, イ チョンス (89. 石原)
鹿島: 曽ヶ端 - 西 (70. 小笠原), 青木, 新井場, アレックス - 増田, 柴崎, 野沢, 遠藤 (76. タルタ) - フェリペ ガブリエル (76. 本山), 興梠
得点: 1:0 イ チョンス (67.), 1:1 興梠 (90.)
警告: 片岡, 青木 - 新井場, 柴崎
観客: 9,537人
主審: 村上 伸次

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

15:39  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/502-2eca570e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。