2012.01.07 (Sat)

グラートバッハ選手の移籍関連情報まとめ

 年が明けていくつか選手の移籍に関する情報が出てきているので、確定情報をいったん整理します。

■ 新加入選手

トルガ・チゲルチ (Tolga Cigerci)

ヴォルフスブルクから加入したチゲルチは19歳のミッドフィルダー。2013年6月までのローン契約ですが買取オプションが付いています。チゲルチはヴォルフスブルクではブンデスリーガに6試合の出場経験があるほか、U-19ドイツ代表として5試合の経験があります。今シーズンはヴォルフスブルクのU-23チームの一員としてレギオナルリーガ・ノルト(4部)に11試合出場しています。なお、チゲルチのグラートバッハでの背番号は6に決まりました。

 Borussia verpflichtet Tolga Cigerci (Borussia Mönchengladbach 公式)

アレクサンダー・リング (Alexander Ring)

フィンランドのHJKヘルシンキからMFのアレクサンダー・リングが加入しました。チゲルチと同様に2013年6月までのローン契約(買取オプションつき)です。背番号は5になります。

 Borussia verpflichtet Alexander Ring (Borussia Mönchengladbach 公式)

 ヘルシンキ生まれで現在20歳のリングは、HJKヘルシンキでは31試合に出場し3ゴールを記録、今シーズンのELにも出場しています。フィンランド代表としてもすでに5試合出場の実績を残しています。中盤はどのポジションでもこなせる選手ですが得意なのはボランチでアグレッシブなプレーが特徴です。また、両親の仕事の関係でドイツのラインラント地区に14年間住んでいてレヴァークーゼンのユースチームに所属していた経験もあるとのことです。


■ チームを離れる選手

エリアス・カチュンガ (Elias Kachunga)

U-23チームでゴールを量産しているカチュンガはドリッテリーガ(3部)のVfLオスナブリュックへ移籍することになりました。ローン契約によるものですが詳細は明らかにされていません。現在19歳のカチュンガは今シーズンはレギオナルリーガ・ヴェスト(4部)で18試合に出場し2度のハットトリックを含む12ゴールを記録しています。彼にとってはもう1つ上のリーグで経験を積むことは悪いことではないと思います。

 Kachunga vor Ausleihe (Borussia Mönchengladbach 公式)

 なお、カチュンガは、移籍先のオスナブリュックでの練習試合(ヘルタBSC戦)で早くもゴールを決めています。
 

ロイスとノイシュテッターの移籍について

 今やスーパースターとなったドイツ代表のマルコ・ロイスはシーズン終了後に古巣のドルトムントに移籍することを決断したことが発表されました。ドルトムントの公式サイトによれば契約は2017年6月までの5年契約になるとのことです。
 グラートバッハ公式サイトに掲載されたロイスのインタビューを読むと、グラートバッハが嫌になったというのではなく優勝を争いCLで戦えるチームでプレーしたいということでドルトムントに行くことを決めたということのようです。しかし、単にヨーロッパで戦いたい、優勝争いをしたいというのであれば今シーズンのグラートバッハの勢いであれば移籍することなしに希望をかなえるチャンスは十分あるわけで、本音は、ステップアップのために環境を変えたかったという気持ち、そしてやはり古巣のドルトムントでプレーしたいという気持ちが強いのではないかと思います。これまで何かと噂のあったバイエルンへの移籍ではなくドルトムントに決めたというのもそういった理由だと思います。

 私はロイスが加入したときは、このブログの2009年5月30日の記事で、ひとこと「かなり期待できる」と感想を書いていましたが、実際は想像以上の活躍ぶりでした。とりわけファヴレ監督が指揮するようになってからはロイスを中心とした攻撃が確立され彼の潜在能力が引き出されたように思います。いずれにせよグラートバッハが今上位争いをしているのはロイスがいたからだといっても過言ではありません。ロイスの移籍はチームにとっては本当に痛いし個人的にも好きな選手なので非常に残念ですが、いずれは来る話かなとも思っていたので仕方がないとも思っています。

 また、昨シーズンの後半からボランチのレギュラーを獲得し現在の好調なチームを支えているノイシュテッターもシーズン終了後にチームを去ります。現段階では移籍先は正式には公表されていませんが、メディアの情報によればCLやELを戦えるビッグクラブへ移籍するものと思われます。

 2人の移籍に関する情報が今の時期に公にされたことに関しては賛否両論あると思いますが、少なくてもシーズン中、ましてリーグ戦終盤の大事な時期に発表されたりするよりはよかったのではないかと思います。これによってロイス、ノイシュテッターはいないことを想定した戦い方を想定したチーム作りや戦術の確立に時間的余裕ができたのではないかとも思うのです。簡単な話でないことは承知していますが・・・。そして、もちろん移籍する2人にはグラートバッハの選手でいる間はグラートバッハのために全力を出し切って欲しいと思います。
 現状では新加入のリングは得意なポジションがノイシュテッターとそっくりかぶりそうなので、リングにリーグ戦で経験を積ませることで穴は埋まるのではないかと思うのですが、ロイスに関しては頭が痛いですね。

 引用記事
   Borussia Dortmund verpflichtet Marco Reus (Borussia Dortmund 公式)
   Marco Reus verlässt Borussia (Borussia Mönchengladbach 公式)

 
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

12:56  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/519-1841eec4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |