2008.12.07 (Sun)

2008 J-League Division 1 第34節 磐田×大宮

 2008年Jリーグの最終節、磐田まで出かけました。本来はサッカー観戦どころではない状態だったのに毎試合のように正念場を迎える大宮のせいで仕事よりもサッカー観戦を優先させてしまいました。ヤマハスタジアムへは2度目になりますが、今回初めて磐田の市街地を少し歩いてみました。そのことはいずれ記したいと思います。


 スタジアムの前にあるジュビロ君の像にも「肩組ンデ共ニ進モウ最後マデ」のメッセージが貼られています。どちらにとっても最後の最後にJ1残留がかかる重要な一戦です。スタジアムは満員になり気分が高まってきます。


 前半から磐田は多少引き気味ではありますが中盤は積極的にプレスをかけて大宮に自由にプレーをさせません。磐田が優勢の展開ですが大宮もシュートは辛うじて防ぎます。また、磐田の選手にもクロスやシュートミスが多くゴールが決まりません。とにかく強風のせいなのか、緊張感あるれる試合のせいか、なんとなく選手たちはやりにくそうに見えました。


 後半に入っても磐田が優勢の展開は変わらず、何度も決定機を作り出すもののシュートが決まりません。江角浩司の好セーブも光りました。
 ほとんどチャンスのなかった大宮ですが75分に途中交代で入った土岐田洸平が右サイドでラフリッチにパス、ラフリッチのシュートは相手に阻まれますがその跳ね返りを頭でゴール前にパスします。そのボールをゴール前でフリーになっていた小林大悟が頭でゴールに押し込み、ついに大宮が1点リードしました。シュートを決めた小林大悟もよかったけれど、ラフリッチが本当によく粘りました。
 その後は大宮が完全に引いて守る展開になり、磐田の攻撃が延々と続きます。何度かチャンスはありましたがラフリッチを含めたディフェンスラインが粘り強く跳ね返しそのまま試合が終わりました。
 参考までにこの試合のシュート数は18:5と磐田が圧倒。本当に数少ないチャンスをものにした大宮がJ1残留を決めました。最終節は他の試合の経過次第では戦術なども変える必要が出てくるので、もう試合の内容を求めることなど考えません。とにかく結果がすべて。前節ホーム最終戦で悔しいドローを見てしまった私としてはこの試合はドローでは納得できない気持ちでした。ですので磐田まで出かけて大宮の勝利、自力でのJ1残留を見られただけで満足でした。


2008 Jリーグ Division1 第34節
2008年12月6日(土), 14:34, ヤマハスタジアム, 16,593人
ジュビロ磐田 - 大宮アルディージャ 0:1 (0:0)
得点者: 0:1 小林大悟 (75.)
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

03:18  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/52-3736ef7c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |