2012.01.21 (Sat)

ブンデスリーガ2011/2012 第18節 グラートバッハ vs. FCバイエルン

 ブンデスリーガの後半戦がいよいよ始まりました。グラートバッハはまずホームで首位のバイエルンと対戦です。前回の対戦では開幕戦アウェイでグラートバッハが勝っていますが、この試合はバイエルンの新加入選手ノイアーとボアテンクの連係ミスからデカマルゴが決めたゴールが決勝点となっています。例年になく短いシーズンオフで主力に新加入選手が多かったバイエルンと昨シーズンとほぼ同じメンバーで戦ったグラートバッハのコンビネーションの差がそのまま結果に出てしまった試合だと言えますが、その勝利がグラートバッハを勢いづけることになったのは間違いありません。リーグ戦の後半も勢いをつけるためにもバイエルンと対戦するのはグラートバッハにとっては絶好のチャンスです。

 グラートバッハはCBのダンテが警告の累積により出場停止で代わりにブラーウェルスが入り、それ以外はいつものメンバーがスタメン。練習試合でゴールを量産した新加入のMFリングは控えに入りました。バイエルンはシュバインシュタイガーが復帰して久しぶりにスタメンに入りました。

 対戦相手との力関係からグラートバッハが守備的な戦い方をすることは予想通りでしたが、意外な形でグラートバッハに先制点が入りました。バックパスを前線にクリアしたノイアーのキックがロイスへのパスになりロイスがそのままゴールに蹴りこみました。前回の対戦に引き続き直接失点につながる決定的なミスをしたノイアーに対してグラートバッハは感謝しなくてはいけません。
 当然、バイエルンは攻撃的に戦いますがこの試合のグラートバッハはいつにも増して全体が常にコンパクトな状態を保ちバイエルンに全くスペースを与えませんでした。選手個々の能力が高いバイエルンはショートパスをつなぎながら何度かペナルティエリアまで攻め込んできますが、ブラーウェルス、シュトランツルの2人がすばらしいコンビネーションでゴメスをしっかりマークしてフリーでシュートを撃たせません。また、決定機を作り出す右サイドのロッベンに対してはアランゴとダエムスが徹底的にマークしピンチを未然に防いでいました。前半のバイエルンのチャンスはロッベンからのクロスをゴメスが頭でゴールを狙ったシーンだけだったように思います。このシーンはテアシュテーゲンが素早い反応ではじき出しました。
 41分に入ったグラートバッハの追加点はロッベンからダエムスとダンテが2人がかりでボールを奪ったところから始まりました。ボールを奪ったアランゴが前方のハンケへパスを送ると反対の右サイドを上がっていたヘアマンに絶妙のロングパスを通しヘアマンがゴールの左隅に決めました。まさに電光石火のカウンターアタックでした。

 後半の3点目のゴールも自陣からアランゴが起点になってのカウンターでした。アランゴからのロングパスを受けたロイスがヘアマンへ絶妙のスルーパスを通し、相手DFの裏に抜けたヘアマンがノイアーを交わしてゴールに流し込みました。
 後半のバイエルンはアラバを投入し左サイドからの攻撃を増やしてきましたがグラートバッハの組織的な守備は崩れず、さらにバイエルンがアラバとロッベンのサイドを入れ替えてきましたがそれでも大きく崩れることはなく最後まで集中力も切らすことはありませんでした。ゴール前の混戦からシュバインシュタイガーに決められて1点は返されましたが、バイエルン相手に素晴らしい快勝でした。

 両チームの戦い方を考えるとグラートバッハが先制点を取ったことは非常に大きかったと思います。これによってグラートバッハの組織的な守備とカウンターアタックがより生かせる形になりました。その意味でもバイエルンにとってはノイアーのミスは非常に痛いものだったと思います。
 それにしてもヘアマンの2ゴールとそれを演出したハンケとロイスの素晴らしいパスには痺れました。攻撃の起点になったアランゴも含めた選手間の連携の良さ、そしてよく組織された守備こそが今シーズンのグラートバッハの躍進の最大の要因だと思います。これは大きく選手を入れ替えることなく昨シーズンの後半から積み上げてきたものなのです。リーグ戦後半もグラートバッハには期待できそうです。


1. BUNDESLIGA 2011/12 18.Spieltag
20.01.2012, 20:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - FC Bayern München 3:1 (2:0)
Borussia: ter Stegen – Jantschke, Brouwers, Stranzl, Daems – Neustädter, Nordtveit – Herrmann (89. Marx), Arango – Hanke (81. de Camargo), Reus (90.+2 Leckie). Bayern: Neuer – Boateng (66. Rafinha), van Buyten (76. Luiz Gustavo), Badstuber, Lahm – Schweinsteiger, Tymoshchuk (57. Alaba) – Robben, Müller, Kroos – Gomez.
Tore: 1:0 Reus (11.), 2:0 Herrmann (41.), 3:0 Herrmann (71.), 3:1 Schweinsteiger (76.)
Gelbe Karten: Arango
Zuschauer: 54.047 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Thorsten Kinhöfer (Herne)


スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

08:41  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/524-b72e8832

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |