--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2012.01.21 (Sat)

VfLボーフムの選手たち その2

 VfLボーフムの選手について、前回はGKとDFの選手について書きましたが、2回目は守備的MFの選手です。

クリストフ・ダブロフスキ (Christoph Dabrowski)
 ボーフム在籍6シーズン目になるベテラン選手でチームのキャプテンを務めています。195cmの長身を生かした空中戦や1対1に強くチャンスをうかがって前線に飛び出しゴールも決めることもあります。チームの中心的な存在ですが、私の見る限りでは結構試合中に激昂しカードをもらうことが多いように見受けられます。ただし意外にも今シーズンはまだ1回しか警告を受けていません。

クリストフ・クラマー (Christoph Kramer)
 レバークーゼンからローン移籍で今シーズンから加入しドイツU-21代表にも召集されました。190cmの長身で空中戦に強さを見せますが足元もなかなか強くフレキシビリティもある。その顔つきから見た目は弱々しさを感じるかもしれないが最近は試合出場経験を積みツヴァイテでのプレーに自信が付いてきた様子が感じられます。個人的にはかなり期待する選手の一人。

ケヴィン・フォクト (Kevin Vogt)
 ドイツU-21代表。194cmの長身を生かした空中戦の強さが特徴でDFとして起用されることもある選手。しかし、足元も強く攻撃的なポジションもこなせるらしい。フンケルの元で昨シーズン途中からレギュラーに定着。3人の守備的MFを並べるフォーメーションではその1つを担っていましたが、その後怪我をしたこともありベルクマン監督のフォーメーションではダブロフスキ、クラマーにポジションを取られた形になっています。U-21代表ではなかなかよいパフォーマンスを見せた試合もあり潜在能力は高いはず。

 ボーフムは今シーズンの序盤は4バックの前に守備的MF3人と両サイドハーフを置く、4-3-2-1のフォーメーションをとることが多かったのですが、ベルクマン監督になってからは4-1-2-1-2、または、4-2-2-2 のフォーメーションをとることがほとんどで守備的MFのポジションからは1人あふれる形になります。ウィンターブレークまで在籍していたヨハンソンはスウェーデン2部リーグのIFKノルシェーピンへ移籍しました。
 
 
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

21:45  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/525-13d77581

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。