2012.02.11 (Sat)

DFBポカール 2011/12 準々決勝 ヘルタBSC vs. グラートバッハ

 最近はなかなかブログを更新する余裕がなくなっています。この試合についてもだいぶ遅れてしまいましたので感想も簡単に。
 
 前半は中盤でお互いプレッシャーをかけてボールを奪い合いどちらも主導権を握れない試合展開でしたがどちらかといえばややヘルタが押し気味に見えました。ラファエルが攻撃の起点となり前線ではラソッガが動き回りチャンスを作り出そうとします。さほど決定機らしきものはありませんでしたが、両チームとも一度ずつペナルティエリア内でもつれる場面があり、PKにはならなかったものの膠着した展開だけに見ている者としても一瞬ヒヤリとしました。
 
 後半に入るとようやくグラートバッハにも勢いが出てきますがヘルタのしっかりとした守備に対して得意のカウンターは不発。一方のヘルタは61分にニーマイヤーのミドルシュートがポストを叩きさらにその直後にもモラレスの強烈なミドルシュートをテアシュテーゲンが辛うじてはじき出すシーンがありました。グラートバッハのチャンスは78分。ハンケがドリブルで上がり左サイドのデカマルゴに素晴らしいパスを通しましたがデカマルゴのトラップがやや大きくクラフトに抑えられました。その後は時間の経過とともにどちらも失点のリスクをとらずに慎重になってしまい決定機は生まれません。

 延長戦に入ってもそんな展開が続き、私はこのまま何事も無くPKでの決着になるのかと思っていました。しかし、100分に起こった1つのプレーと審判のジャッジが実質的に勝敗を決めてしまいました。このシーンを振り返ると、まずアランゴがヘルタDFラインの裏に出したパスに反応して飛び出したデカマルゴに対してカバーに入ったヒュブニクが間一髪で体を入れてシュートを撃たせませんでした。そしてこの接触プレーでデカマルゴに文句を言いに近寄ったヒュブニクにデカマルゴが体を寄せてヒュブニクの頭突きを誘発。この出来事に対して主審のブリヒはヒュブニクを退場させグラートバッハにPKを与えました。そしてこのチャンスはPKの名手ダエムスが確実に決めてグラートバッハが先制。しかも数的優位を得ることになり残り時間を圧倒的に有利に戦うことができることになりました。それでもヘルタは119分にゴール前でラモスがフリーになるというビッグチャンスを得ましたラモスがシュートミス。救われたグラートバッハはロスタイムにカウンターから追加点を入れて試合を決めました。

 120分間の長い試合でしたが、なんといっても100分のプレー、というよりデカマルゴの芝居につきるでしょう。正直に言うならこういうことで試合が決まってしまうのは後味がよくないのですが、サッカーではよくあることです。実はデカマルゴ自身も昨シーズンのザンクトパウリ戦で全く同じような形でそのときは逆の立場で退場になっているのです。試合内容はパッとしませんでしたがとにかく勝つことが重要なのです。とはいうものの同じプレーでグラートバッハが負けていたら私も腹の虫がおさまらなかったでしょう。

 さて、DFBポカールはベスト4が出揃いました。ドルトムント、バイエルン、グラートバッハ、フュルトという顔ぶれでリーグ戦の4強のうちの3つが残った形です。この記事を書いている時点ではまだ準決勝の組み合わせは決まっていませんがでもうどこと当たっても難しい試合になることは間違いありません。それでも運を味方につけたグラートバッハは今シーズンのポカールを最高の形で終えることができるかもしれないという気がしてきました。


DFB Pokal 2011/12, Viertelfinale
08.02.2012 19:00 Uhr Olympiastadion, Berlin
Hertha BSC Berlin - Borussia M'gladbach n.V. 0:2
Hertha BSC: Kraft – Morales, Mijatovic, Hubnik, Kobiashvili (80. Ronny) – Niemeyer, Ottl (116. Ramos) – Ebert, Lustenberger (60. Bastians), Raffael – Lasogga
Borussia: ter Stegen – Jantschke, Brouwers, Dante, Daems – Nordtveit, Neustädter – Herrmann (70. de Camargo), Arango – Reus (115. Marx), Hanke (120. Wendt)
Tore: 0:1 Daems (101. Foulelfmeter), 0:2 Wendt (120.+2)
Gelbe Karte: Ebert - Dante, de Camargo
Rote Karte: Hubnik (100.)
Zuschauer: 50.000
Schiedsrichter: Dr. Felix Brych (München)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

22:14  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/531-4f390549

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |