2012.02.12 (Sun)

ブンデスリーガ2011/2012 第21節 グラートバッハ vs. シャルケ

 グラートバッハはシャルケとホームで対戦。この試合はリーグ戦の3位と4位の対戦です。対戦相手のシャルケは、フンテラール、ラウール、ファルラン、オバジという強力な攻撃力を持ちますが、一方で4強の中で失点数は突出しています。このようなチームはグラートバッハのスタイルとは相性が非常によく、私はシャルケが攻撃的に試合を挑んできてくれれば必然的にグラートバッハのゴールチャンスも増えるだろうと思っていました。グラートバッハの攻撃に欠かせない存在のロイスが内転筋の痛みで出場が微妙という記事もありましたが問題なく出場しました。もっとも、ロイスは多少の怪我でも試合に出てきてしっかり結果も出す選手なので心配は不要でしょう。

 前節(ヴォルフスブルク戦)とDFBポカール(ヘルタ戦)では相手の守備的な戦い方に手こずりなかなかゴールを奪えなかったグラートバッハですが、この試合は開始わずか2分であっさりと先制することができました。ロイスとヘアマンのコンビネーションで相手の左サイドを崩し、ヘアマンからのパスを受けたロイスがフラドとヘヴェデスを1人でかわしてゴール。ロイスのスピードとテクニックが発揮されたゴールでした。
 先制点をとればグラートバッハは得意のカウンター攻撃を生かせるようになり圧倒的な強さを誇ります。15分には左サイドからハンケが、ヘアマン、アランゴとドッペルパスを繰り返し相手GKと1対1の形を作り冷静にゴールを決めて2点目。32分にはゴール正面からやや左の位置でのセットプレーからアランゴが素晴らしいゴールを決めて3点目。これで事実上勝負は決まりました。
 前半の3つのゴールは、それぞれロイスのスピード、速いパス回しから裏への飛び出し、アランゴのフリーキックとグラートバッハの攻撃の特徴が集約されまさにハイライトを見ているような気持ちにさせてくれます。さらに付け加えるならゴールを狙える位置でのセットプレーの前にハンケ、ロイス、アランゴの3人でひそひそ話をするシーンもおなじみになりました。まあ、さすがにジャンケンはしていなかったようですが・・・。とにかく、前半のグラートバッハのサッカーはパーフェクトのひとことにつきる内容でした。

 後半は3点リードの余裕やDFBポカールで延長戦を戦った疲れもあったのかカウンターのチャンスで多少のコンビネーションの乱れやミスが目につき追加点は取れませんでしたが、守備は最後まで崩れることなく無失点で試合を終えました。グラートバッハはこれでDFBポカールを含めて4試合連続無失点と安定しています。

 グラートバッハは上位対決で快勝したことで順位は3位にあがりました。とはいえ、これでリーグ戦の優勝が狙えるほど甘くはありません。この試合は冒頭に書いたように相手との相性や相手の戦い方がグラートバッハによい方向に働いただけだと思います。やはり私が気になるのは、グラートバッハが前節のヴォルフスブルク戦のような試合をどうするかということです。今のグラートバッハには相手の戦術に応じて戦い方を変えられるほど戦術のバリエーションはないので、ひたすら辛抱してチャンスを確実に決めていくしかないと思います。そして、残り13試合それを続けていくのはかなり難しいことでしょう。その点、むしろ一発勝負のDFBポカールには大きなチャンスがあると思います。

 話は変わりますがそのポカールの準決勝(3月20または21日)の対戦相手はバイエルンに決まりました。バイエルンに対してはすでにリーグ戦でダブルを果たしています。さすがのバイエルンも同じ相手に3度も負けることは許されないはずで、グラートバッハにとってはこれまで以上に厳しい試合になると思いますが、それだけにどんな試合になるのか今から楽しみです。


1. BUNDESLIGA 2011/12 21.Spieltag
11.02.2012, 18:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - FC Schalke 04 3:0 (3:0)
Borussia: ter Stegen - Jantschke, Brouwers, Dante, Daems - Nordtveit (72. Marx), Neustädter - Herrmann (79. de Camargo), Arango - Hanke (89. Wendt), Reus
Schalke: Unnerstall – Höwedes, Matip, Papadopoulos, Fuchs – Höger (79. Hoogland), Jurado (46. Metzelder) – Farfan (63. Draxler), Raul, Obasi – Huntelaar
Tore: 1:0 Reus (2.), 2:0 Hanke (15.), 3:0 Arango (32.)
Gelbe Karten: Höwedes, Obasi, Papadopoulos - Nordtveit
Zuschauer: 54.047 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Manuel Gräfe (Berlin)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

11:31  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/532-0d5bb5aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |