--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2012.03.06 (Tue)

ブンデスリーガ2011/2012 第24節 ニュルンベルク vs. グラートバッハ

 第24節、グラートバッハはアウェイでニュルンベルクと対戦しましたが終了直前にゴールを決められて敗れてしまいました。この試合に勝てばバイエルンを抜いて再び2位に浮上するチャンスでしたが結局3位のまま。首位ドルトムントは連勝を続けているため勝点では8ポイントの差がついてしまいました。
 この試合は日本時間では日曜の深夜に行なわれたのですが、私は月曜の早朝に起きてネットの録画放送をみました。これから1週間仕事が始まるというときに痛い敗戦を見てしまうと気分も暗くなってしまいます。

 グラートバッハは、センターバックをブラーウェルスをシュトランツルに変えただけであとは前節と同じメンバーでスタートしました。対戦相手のニュルンベルクはこのところケルン、ブレーメンを1点差で退け好調です。ニュルンベルクといえば組織的なサッカーを展開し得点力はそれほど無いものの失点が少ないというイメージ。今季好調のグラートバッハもこういうチームには苦戦をしておりこの試合も1点をとるのが大変だろうとは思っていました。

 序盤、グラートバッハはアランゴとロイスが左右のポジションを変えながらパス交換を繰り返し攻め込みますがシュートの1つ、2つ前のプレーでの精度が低くなかなか相手を崩すまでにはいたりません。一方のニュルンベルクは両サイドからの攻撃が主体で特に左のエスヴァインから良いクロスが入ってきますが、グラートバッハのセンターバックコンビが落ち着いて対処し、こちらも決定機が作れません。どちらにも得点の雰囲気がまるで感じられずに前半を終了しました。

 明らかに1点で勝敗が決まってしまいそうな膠着した展開では1つのミスが命取りになることが多々あります。この試合も後半に両チーム一度ずつゴール前でミスが出て相手に決定機を与えてしまうシーンがありましたがそこでもゴールは決まりません。
 それでも70分を経過したあたりから徐々にニュルンベルクにチャンスが増えてきます。74分にはフリーキックからマローのヘディングがわずかに合わず、77分にはフォイルナーのミドルシュートが枠をとらえます。劣勢に立たされたグラートバッハは80分に本来は左サイドバックのヴェントを左サイドハーフに入れアランゴを右サイドに回しロイスをトップに入れ状況の打開を図ります。ロイスの攻撃力に期待したのでしょうがほとんど効果はありませんでした。
 そして、87分ついに試合が動きます。中盤左サイドでヴォルシャイトがアランゴからボールを奪いエスヴァインへパス。エスヴァインは左サイドを突破して折り返すと中央に走りこんできたブンヤクが左足であわせてついにニュルンベルクが先制しました。ここまでの試合展開、そして87分という時間を考えるととてつもなく重いゴールでした。その後、グラートバッハはFWにブラーウェルスを入れてパワープレーに勝負をかけますが何もできずに試合は終わりました。

 ニュルンベルクが相手ならこんな試合もありうるだろうとは思っていましたが、まさかグラートバッハがここまで決定機を作れないとは思っていませんでした。確かにこの試合のニュルンベルクはほとんど穴が無かったと思います。グラートバッハに対しては、無理して攻撃的にならず守備を重視しコンパクトな状態を保ってスペースを与えないサッカーを続けていくことが有効であることはこの試合のニュルンベルクを含めていくつかのチームが証明しています。以前にも書きましたが、リーグ戦の前半とは違って相手のマークも厳しくなるのでこのような試合が増えるはずです。グラートバッハにとってはここが上位に踏みとどまれるかどうかの正念場ではないかと思います。


1. BUNDESLIGA 2011/12 24.Spieltag
04.03.2012, 15:30 Uhr, easyCreditStadion, Nürnberg
1.FC Nürnberg - Borussia M'gladbach 1:0 (0:0)
1. FC Nürnberg: Schäfer – Feulner, Maroh, Wollscheid, Hlousek – Hegeler (84. Bunjaku), Simons – Chandler (69. Eigler), Didavi (79. Cohen), Esswein - Pekhart
Borussia: ter Stegen - Jantschke, Stranzl, Dante, Daems – Nordtveit (90. Brouwers), Neustädter – Reus, Arango – Hanke, de Camargo (81. Wendt)
Tore: 0:1 Bunjaku (87.)
Gelbe Karte: Pekhart - Daems
Zuschauer: 45.000
Schiedsrichter: Tobias Welz (Wiesbaden)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

22:19  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/538-743a76cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。