2012.03.11 (Sun)

2012 J-League Division 1 第1節 大宮 vs. FC東京

 JリーグのDivision1もいよいよ開幕。今年も地元大宮の試合は都合のつく限りスタジアムで見ようと思います。昨シーズン、私は試合内容に納得がいかず自分を見失い周囲の人たちに失礼な態度を見せてしまいましたが、今年は大宮がいかなる試合をしても決して自分を見失わないようにします。


 3月10日は「埼玉の日」(単なる語呂合わせ)ということでコバトンが来場していました。寒い中、お疲れ様です。


 大宮はJ1昇格後のホームゲームでは東京に対して全敗ですべて無得点。大宮が絶好調で東京が不調で対戦しながら0:3で東京が勝利したり、大宮がPKを獲得しPKには絶対の自信を持つマトが蹴ったにもかかわらず失敗するということもありました。つまり、その試合に臨む両チームの調子やその試合内容の良し悪しに全く関係しない強力なジンクスとなっているのです。そんなこともあり、試合の内容はもちろんですが、大宮がゴールを決められるかどうかにも注目していました。


 前半から東京はミスを連発し、そこにつけこんだ大宮が何度も決定機を作りますがシュートは決まりません。権田のスーパーセーブがあったことを差し引いても最低1点はとらないといけません。後半に入ると大宮は動きがとまったところに東京が石川を入れてきたこともあり東京のペースになり61分に梶山のパスをルーカスがワントラップしてボレーシュートを決め先制しました。これは素晴らしいシュートでした。終盤は大宮が東京のDFラインの裏の広大なスペースにひたすらロングボールを放り込みましたが、権田の果敢な飛び出しに防がれて最後までゴールを奪えず試合が終わりました。

 さて、あまり書きたくないのですが一応簡単に感想を。先々週の杭州との試合でも感じましたが大宮のチームとしての調整の遅れを改めて感じました。とりわけ攻撃に入ったときの中盤の連係が悪くパスを受けてからパスコースを探しているかのようなもたつきぶりが目につきました。前半は決定機を作っていたのは事実ですが、それはほとんどが相手の凡ミスがきっかけとなって得たものがほとんどであり、自ら仕掛けて崩すようなシーンはあまり見なかったように思います。決定力不足と後半の失速については昨シーズンと同じで、この試合の展開はまるで昨シーズンのホーム開幕の柏戦と同じです。また昨シーズンと同じことを繰り返されるのかと気分が暗くなりました。しかし、まだ1試合を消化しただけ。選手の連携が改善されれば昨シーズンとは違った面もみられるはずだと期待しています。

 一方の東京について。ルーカスのゴール、権田のスーパーセーブはもちろん素晴らしかったですが、個人的にはやはり梶山の落ち着きと視野の広さが印象に残りました。前半をはちょっとおかしかったですが、後半を見た限りではさすが昨シーズンの天皇杯王者、実力は1ランク上だと感じました。

 しかし、NACK5での東京戦初ゴールはいったいいつになるのでしょうか。


2012 Jリーグ Division1 第1節
2012年3月10日(土), 19:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - FC東京 0:1 (0:0)
大宮: 北野 - 村上 (71. 長谷川), 菊地, キム ヨングォン, 下平 - 渡邉, カルリーニョス, 青木, チョ ヨンチョル (76. 橋本) - 東, ラファエル
東京: 権田 - 徳永, 森重, 加賀, 太田 - 高橋, 梶山, 羽生 (72. 渡邉), 長谷川 (90+2. 田邊), 谷澤 (56. 石川) - ルーカス
得点: 0:1 ルーカス (61.)
警告: なし
観客: 11,437人
主審: 飯田 淳平
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

12:15  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/540-7d278c44

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |