2012.03.11 (Sun)

ブンデスリーガ2011/2012 第25節 グラートバッハ vs. フライブルク

 ブンデスリーガ第25節に入りました。グラートバッハは依然として上位争いに加わっています。客観的にみれば上位争いをしているチームの中で最も力が弱いと思いますが何とか最後までくらいついてほしいと思っています。
 第25節の対戦相手のフライブルクはここまでリーグ最多失点を記録していますが、前回のアウェイでの対戦では1ゴールも奪えずに敗れています。グラートバッハは、本来左サイドバックでダエムスの控えとなっているオスカー・ヴェントを右サイドハーフに起用し、ロイスをトップに上げるフォーメーションを組みました。ロイスの突破力と決定力をよりゴールに近いところで生かそうという思惑でしょう。

 前半9分、ハンケがフリーになってシュートしGKバウマンが防いだ跳ね返りをロイスが左足で狙った決定機はロイスをトップに置いた効果が早くも現れたシーンだったと思います。残念ながらこのチャンスはバウマンの素晴らしい反応にあってしまいました。
 しかしフライブルクも前半は中盤はコンパクトに保ちグラートバッハに効果的なパス回しはさせてくれません。自然にグラートバッハはロイスの個人技に頼った攻撃になりますがこれに対しても最終ラインが細心の注意を払い得点は許しません。フライブルクの攻撃は中盤でボールを奪うとロングパスでサイドに起点を作り中央へ攻め込む形が主体です。しかしサポートがあまりないので攻撃に連続性はありません。前半のフライブルクの決定機は、20分右からのクロスをシュトランツルがクリアしたボールがノイシュテッターの背中にあたりフライスがゴール前でフリーになった場面、42分コーナーキックでローゼンタールと競ったヤンチュケのヘディングがクロスバーを直撃しあわやオウンゴールとなった場面など偶発的なものに限られました。そんな具合でグラートバッハが常にボールを支配しフライブルクがしぶとく守る展開が続いたままハーフタイムに入りました。

 後半のフライブルクは明らかに攻撃にシフトしてきたようで中盤でのプレスが厳しくなりグラートバッハが押し込まれるようになりました。それにつれてグラートバッハにはパスミスや不用意なファールも増えはじめ嫌な雰囲気になっています。
 そこでグラートバッハは、この試合で精彩を欠いていたハンケに代えてデカマルゴ、ヴェントに代えてリングを入れ再び流れを引き寄せ、69分に決定機がありました。中盤のアランゴから前線のデカマルゴへスルーパスが通り、デカマルゴが左足でシュートを撃ちますがわずかに枠をはずしてしまいました。この数試合結果を残せていないデカマルゴにはなんとしても決めてほしかったのですが・・・。その後、ロイス、アランゴにもチャンスがありましたが決まらず、ダエムスの素晴らしい左足のボレーシュートもバウマンのスーパーセーブに阻まれスコアレスドローに終わりました。

 攻撃的な選手4人の絶妙なコンビネーションで作り上げられていたグラートバッハの攻撃は、確かにヘアマンがかけることによって威力が欠けているのは間違いありません。相手がグラートバッハのスピードあるカウンターを警戒した戦術をとってきているのも事実で、以前ほど簡単に決定機を作れなくなるのは当然のことです。だからこそ少ないチャンスをしっかりと決めて1:0で勝ってほしいのです。この試合は前半のハンケ、後半のデカマルゴはどちらも決めてほしかったです。
 また、こういうときこそ控え選手に奮起してほしいです。この試合にスタメン起用されたヴェントは無難にプレーできていましたし、途中交代で入ったリングは攻撃の面で思い切りのよさを見せてくれました。今後が楽しみです。


1. BUNDESLIGA 2011/12 25.Spieltag
10.03.2012, 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - SC Freiburg 0:0 (0:0)
Borussia: ter Stegen - Jantschke, Stranzl, Dante, Daems - Neustädter, Nordtveit - Wendt (70. Ring), Arango - Hanke (66. de Camargo), Reus.
Freiburg: Baumann - Sorg, Diagne, Ginter, Mujdza (79. Jendrisek) - Schmid, Makiadi, Flum (73. Schuster), Caligiuri - Rosenthal (82. Santini), Freis
Tore:Keine
Gelbe Karten: Stranzl, Jantschke - Caligiuri
Zuschauer: 52.207
Schiedsrichter: Peter Sippel
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

15:13  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(1)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/541-30a3ed48

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

攻守に精彩欠いた亀井に怒りの原監督「奮起してもらいたい」

 巨人は2日、広島に0対3で敗れた。打線は広島の継投の前に、散発の4安打に抑えられた。 以下は原辰徳監督のコメント。顔を紅潮させながら怒り心頭の様子で答えた。「(先発のホールトンはリズムが悪かっ...
2012/05/03(木) 00:24:27 | ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント

▲PageTop

 | BLOGTOP |