2012.03.18 (Sun)

2.ブンデスリーガ 2011/12 第26節 インゴルシュタット vs. パダボーン

 前節、ボーフムと引分けて5位に後退したパダボーンは、頬骨の骨折で欠場していたプロシュヴィッツがスタメン復帰しフェースマスクを着けてプレーしました。そしてテイラー、ブランディをはずし2列目にカラ、メハ、ルップを置く4-2-3-1のフォーメーションでスタートしました。
 対戦相手のインゴルシュタットはリーグ戦前半は守備が崩壊し大量失点を繰り返し一時は最下位に沈んでいましたが、その後監督が変わりウィンターブレークでの選手の補強により建て直しに成功、この8試合は無敗と好調です。

 前半16分にインゴルシュタットがセットプレーから先制しました。カイウビーのフリーキックはゴール前で競ったアルシの頭に当たり角度が変わりそのままゴールへ入るオウンゴールとなりました。パダボーンのGKクルーゼにとってはアンラッキーでした。これで明らかに勢いの出てきたインゴルシュタットは39分にゲルリッツからアカイチへスルーパスが通りアカイチが決定的なチャンスを得ますがシュートはクルーゼがセーブしました。
 この日のパダボーンは、普段どおりパス交換から相手を崩しペナルティエリアで勝負を仕掛けるのですが、スルーパスがほとんど通らずインゴルシュタットDFにカットされてしまいます。また、サイドチェンジなど長いパスにもミスが多くパダボーンらしさは見られませんでした。素人目にはこれまでうまく行っていた選手間の連係にずれが出てきているように思います。

 パダボーンのシュミット監督は後半開始からメハに替えてブランディを入れより攻撃を重視したフォーメーションをとります。勝利を目指す以上当然のことではありますが、試合の展開上はこれが裏目に出ました。インゴルシュタットが前線の2人を除いてほとんどが引いて守る形となりほとんどスペースを与えてもらえない中、全体が前がかりになったところでボールを失いカウンターでピンチを招くという危なっかしいシーンが連続します。そして 分にはインゴルシュタットのコーナーキックをゴール前でプロシュヴィッツがクリアしたボールがゲルリッツに渡ってしまい右足でボレーシュートを決められてしまいました。このシュートはゲルリッツのシュートミスに見えましたが地面に強く叩きつけられたボールが高く弾みクルーゼの頭上を超えてゴールに入ってしまうパダボーンにとってはこれもまたアンラッキーな感じのする失点でした。

 パダボーンの不運はこれだけでは終わりません。70分、アルシのレントルへのスライディングタックルが危険なプレーとみなされ、アルシは一発レッドで退場となってしまいます。確かにアルシのプレーは遅れ気味のタックルではありましたが、スライディングは完全にボールに行っていたこともありレッドカードはずいぶん厳しいと感じました。いや、個人的な感情を交えて言うなら「主審は何見てるんだ! ふざけるな!」となりますが・・・。しかし、何はともあれ主審のこのジャッジにより事実上この試合の決着はついてしまいました。その後、数的優位を得たインゴルシュタットはカウンターから2ゴールを決めて4:0で試合を終えました。

 インゴルシュタットにとっては2部残留に向けて大きな勝利ですが、パダボーンにとってはあまりにも痛く悲しい試合となってしまいました。アルシの退場は納得できませんがインゴルシュタットの内容がよかったこと、運に見放されていたとはいえパダボーンの内容が悪かったことは明らかでインゴルシュタットの勝利は正当だと思います。今シーズンのパダボーンは内容が悪くても粘り強く戦い勝利を手にしていました。それは安定した守備があってこそできていたことだと思いますが、序盤にリードを許したことで天をとりに行かなくてはならない状況では厳しかったのかもしれません。昨シーズンのパダボーンは良い内容の試合をしていてもリードされると集中力が切れてしまい結局大敗してしまう試合がいくつかありました。この試合は昨シーズンまでの「悪いときのパダボーン」そのものを見ているようでした。客観的にはこの敗戦でパダボーンの1部昇格はかなり厳しくなったと言わざるを得ません。しかし残り8試合何が起きるかわかりません。目標を見失わずに頑張ってほしいと思います。


2. BUNDESLIGA 2011/12 26.Spieltag
17.03.2012, 13:00 Uhr, Audi-Sportpark, Ingolstadt
FC Ingolstadt 04 - SC Paderborn 07 4:0 (1:0)
Ingolstadt: Özcan - Görlitz, Biliskov, Gunesch, Schäfer -Matip, Ikeng - Buchner (23. Akaichi), Caiuby - Leitl (88. Schäffler), Nemec (81. Heller)
Paderborn: Kruse - Wemmer (67. Brückner), Strohdiek, Mohr,Bertels - Krösche (67. Taylor), Alushi - Rupp, Kara, Meha (46.Brandy) - Proschwitz
Tore: 1:0 Alushi (15.,Eigentor), 2:0 Görlitz (64.), 3:0 Ikeng (80.), 4:0 Akaichi (89.)
Gelbe Karten: Caiuby, Nemec
Rote Karte: Alushi (70.)
Zuschauer: 6.098
Schiedsrichter: Thomas Metzen (Mechernich)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

11:07  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/542-2d65a7b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |