2012.03.20 (Tue)

ヤマザキナビスコカップ 2012 第1節 大宮 vs. 横浜FM


 ヤマザキナビスコカップが始まりました。リーグ戦や天皇杯と並んで大事な公式戦ではありますが、率直に言うとリーグ戦と違ってどうも応援に気合が入りません。平日開催が多く見に行けないことが多いということもありますが、いくら負けようが2部への降格がないという安心感のせいかもしれません。

 さて試合ですが、終始優勢に試合を進めていた大宮が前半にリードしながらもチャンスを逃し続け、終盤に追いつかれてしまいドローに終わりました。もう、昨シーズンのホームゲームでは嫌というほど見飽きた展開に、「また今年も覚悟が必要なのか・・・」と思いましたが、まあこれはカップ戦ですのでリーグ戦へ向けての調整というように個人的には考えたいと思います。いや、これは暴言なのかもしれませんが。


 自分の目で見た杭州とのプレシーズンマッチ、東京との開幕戦、そしてTVで途中から見た新潟戦ではいずれもコンビネーションの悪さが調整不足を物語っていましたが、この試合はだいぶ良くなってきたという印象を受けました。ゲームの組み立ての中心となっているのはカルリーニョスで視野の広さと運動量で早くも攻守に欠かせない存在になっていると感じました。大宮の先制点も起点となったのはカルリーニョスのロングフィード、そしてラファエルのクロスがゴール前でこぼれたところに後方から走りこんでゴールを決めたのもカルリーニョスでした。
 一方でチャンスでの決定力不足は大きな課題として残ります。特に71分にヨンチョルがGKと完全に1対1になったシーンは決めないといけません。


 後半の失点は齋藤のシュートがポストに跳ね返り北野に当たってゴールに入ったもの。しかし、その前にタッチライン際で相手と競り合った渡邉が粘りきれずに齋藤にパスした形になってしまいました。もう少ししっかりとキープしてほしかったところ。終盤で中途半端なプレーが出ているうちは昨シーズンと同様に勝てる試合を落とすことになります。今日はカップ戦でしたがリーグ戦で同じようなことはしてほしくありません。昨シーズンはアウェイでかなりポイントを稼げましたが、今シーズンはそううまく行くはずはなくホームで昨シーズンと同じことを繰り返していると勝点50どころか降格の危険もあると思います。
 コンビネーションなどの面でチームの完成度が上がってきた兆しが見えてきただけに集中力を切らさず最後までリードを守りきるところも見せてほしいと思います。


ヤマザキナビスコカップ 2012 第1節
2012年3月20日(火) 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 横浜Fマリノス 1:1 (1:0)
大宮: 北野 - 渡部, 深谷, キム ヨングォン, 下平 - 渡邉 (88. 橋本), 青木, カルリーニョス, チョ ヨンチョル (78. 金澤), 金久保 - ラファエル (78. 長谷川)
横浜: 飯倉 - 小林, 栗原, 中澤, 比嘉 - 中村, 谷口, 兵藤, 狩野 (46. 松本/81. 富澤) - 齋藤、大黒 (46. 小野)
得点者: 1:0 カルリーニョス (15.), 1:1 齋藤 (84.)
警告: 青木 - 齋藤, 谷口
入場者: 7,845人
主審: 吉田 寿光


スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

21:45  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/544-2a394db8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |