2012.04.22 (Sun)

2012 J-League Division 1 第7節 大宮 vs. 浦和

 ダービーというのはお互いの意地のぶつかり合いになるのでチームの力関係やその時点の調子に関わらず意外な結果が出ることがあると思います。少なくてもさいたまダービーでは大宮が意外に健闘しているという印象を残しているのではないかと思います。しかし、それはあくまでも浦和のホームでの話です。大宮はホームで浦和に1つも勝っていません。しかも今季は浦和のサッカーは内容がよく結果も伴ってきているのに対して大宮は相変わらずホームでは勝てず内容もよくありません。コアなサポーターの人たちからは怒られると思いますが、私はこの試合で大宮が勝てる要素はほとんどないと思っていました。


 事実、試合が始まると浦和の選手の能力の高さは見ていてもすぐにわかりました。しかし8分に渡邉のスルーパスを受けたチョヨンチョルが先制ゴールを決め大宮が先制しました。さらに27分にはヨンチョルの左からのクロスをラファエルが頭で合わせて2点目。ホームゲームでは前半によい形をつくりながら得点できず後半に失点するという試合を何度繰り返しているだけに大宮にとって早い時間に2点をリードできたというのは願ってもない展開でした。


 しかし私はこれまでの大宮の試合を見て2点リードでは全く安心できないと思いました。おそらく後半開始早々に1点返され終盤にさらに失点するのではないかと悲観的になっていました。ただ、この試合の大宮は普段とは違っていつになく慎重に戦っていたように見えました。自陣に深くひいて守りボールを奪っても数的有利な展開ができないときには積極的に仕掛けず後方でパスを回すだけ。一度、カウンターから追加点のチャンスがありましたが決めきれず。
 その後も大宮は攻撃をあきらめたかのように自陣に完全に引きこもり浦和の攻撃をひたすら跳ね返す展開となります。必然的にボールは一方的に浦和が支配する形になり次々と波状攻撃を仕掛けてきます。特に柏木や梅崎が絡んだ攻撃は脅威に感じましたが攻撃そのものは単調で、大宮の選手は北野を中心に体を張って無失点で最後まで凌ぎきることができました。


 正直なところ、大宮が後半開始早々からこれほど引きこもるとは思いませんでした。このような戦い方で45分を無失点で耐えられるケースは稀です。この試合も北野の再三の好セーブに救われ、浦和の工夫のない攻撃に助けられ、運がよかったのだと思います。本来であればこういう戦い方は感心しないのですが、この試合に関して言えば内容よりも結果が重要だったと思います。そして今季のホーム初勝利、そしてホームでのダービー初勝利という結果を得たことを評価したいと思います。これがリーグ戦で調子を上げていくきっかけになればよいのですが・・・。


2012 Jリーグ Division1 第7節
2012年4月21日(土), 18:33, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 浦和レッズ 2:0 (2:0)
大宮: 北野 - 坪内, 菊地, キム ヨングォン, 下平 - カルリーニョス, 青木, 渡邉 (87. 金久保), チョ ヨンチョル, 東 (82. 深谷) - ラファエル (90.+1 長谷川)
浦和: 加藤 - 坪井, 永田, 槙野 - 平川, 鈴木 (46. 原口), 阿部, 梅崎, 柏木, マルシオ リシャルデス - ポポ (73. デスポトビッチ)
得点: 1:0 チョ ヨンチョル (8.), 2:0 ラファエル (27.)
警告: 原口, 柏木
観客: 12,709人
主審: 飯田 淳平
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:31  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/555-dc1b2395

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |