2012.05.11 (Fri)

2012 J-League Division 1 第10節 大宮 vs. G大阪


自宅を出た途端に空に黒い雲があっという間に広がり、3時前とは思えないくらい真っ暗になりました。やがてすさまじい豪雨と雷で身動きが取れずにじっと雨宿りをして雨が弱まったのを見計らってスタジアムへ向かいました。そんな天候だったので試合が予定通りに行なわれるのか心配でしたが、案の定キックオフは1時間遅れるとのこと。こればかりは仕方がないです。


 さて、雨も上がって試合開始。一進一退の攻防の中、大宮は前線へのパスがなかなかつながらずに苦労します。対するガンバはMFの倉田やFW阿部がよくボールに絡みチャンスを作りかけますが、こちらも決定力不足で得点できません。前半の決定機は遠藤のクロスに飛び込んだ倉田のシュートがクロスバーにあたり跳ね返った場面です。


 後半の大宮はラファエルに代えて長谷川を投入します。ときおり左サイドでヨンチョルと東がポイントを作るもののその先が続きません。点が入る気配を感じないまま試合は進みましたが、ついに73分大宮が先制点を奪いました。カルリーニョスのシュートが相手に当たってペナルティエリア内での浮き球となり、これをヨンチョルが押し込みました。その後は点をとろうとするガンバがより攻撃的になります。とりわけ途中から入った佐々木が何度も左サイドから突破を見せ大宮にとってはとても嫌な存在になっていました。ただ、ガンバも決定力が不足していて、大宮をゴール前に釘付けにしながらもゴールを決めることはできません。大宮は終盤に東に代えてキムヨングォンを入れさらに守備を固めなんとか無失点で長いロスタイムを凌ぎきりました。

 泥臭くゴールを決め終盤はなりふり構わず守りきった結果としての勝利。人によって見方は違うでしょうが、私はこれでよいと思います。大宮の今シーズンの目標は勝点50とのことですが、現実的には残留争いをしていくことになるのではないかと思います。その前提で考えれば、まずは内容より勝利という結果を優先するのは当然だと思います。まずは勝利を目指してほしいと思います。


2012 Jリーグ Division1 第10節
2012年5月6日(日), 17:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ガンバ大阪 1:0 (0:0)
大宮: 北野 - 坪内 (75. 渡部), 深谷, 菊地, 下平 - カルリーニョス, 青木, 渡邉, チョ ヨンチョル, 東 (88. キム ヨングォン) - ラファエル (46. 長谷川)
G大阪: 木村 - 丹羽, 中澤, 今野, 藤春 - 武井, 遠藤, 寺田 (85. ラフィーニャ), 倉田 (62. 明神) - 阿部  (64. 佐々木), 佐藤
得点: 1:0 チョ ヨンチョル (73.)
警告: 深谷, 青木 - 寺田
観客: 11,554人
主審: 松尾 一
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

23:16  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/560-43a09351

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |