--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2012.07.16 (Mon)

2012 J-League Division 1 第18節 大宮 vs. 神戸

 久しぶりにNACK5スタジアムで大宮アルディージャの試合を観戦しました。前回は5月のガンバ大阪戦でしたので2ヶ月ぶりということになります。先週の投稿でも書きましたが最近は仕事が忙しくなったり、また体調を崩したり休暇をとって旅行をしたりといろいろあってサッカー観戦ができなかったのです。実はこの試合もちょうど海外出張から帰国した日でした。帰宅したのは試合開始の30分前。長時間のフライトで疲労していたこともあって観戦はあきらめようと思いましたが、次回のホームゲームが8月中旬までないことを知り思い切って出かけました。まあ、そんな具合でしたのでスタジアムに到着したときにはすでにキックオフから10分くらい経過していました。


 さて私が目を離している間に大宮は鈴木監督を解任し後任としてベルデニック監督と契約。前監督解任から新監督就任までが意外に早かったことから考えると、前監督解任時に後任候補としてベルデニックを考えていたのだとは思います。それにしてもベルデニックとは・・・。正直なところ今となってはもう古いのではないかと少々不安を感じずにはいられませんでした。

 ベルデニック就任後のサッカーを見るのは初めてだったので、大宮のサッカーが一体どのように変わっているのか注目して試合を見ることにしました。この試合を見た感想を最初に言うならば、基本的にはパスワーク中心に攻める戦術面ではさほど大きく変わってはいないようにも思いました。強いて言えば、とにかくポゼッションを意識していた鈴木監督のサッカーよりは多少柔軟性を増したように感じる程度でした。
 違いを感じた点を2つあげると、まず1点目は選手の顔ぶれの違いでしょうか。メンバーをきっちり固定して戦う鈴木監督のサッカーは戦術面だけでなく選手の顔ぶれ、そして試合展開に至るまで常にワンパターンで面白みに欠けていました。それが勝ちにつながっているのであればよいのですが悔しい負けやドローばかりではファンとしても辛いものです。久しぶりに見た大宮はスタメンに清水慎太郎や渡部大輔、江角浩司などが名を連ねていました。もっともこれはラファエルの移籍や北野の怪我といった理由があったのですが、清水と渡部はゴールを決めるなど生き生きとしたプレーを見せてくれました。


 もうひとつは試合展開のこと。1点リードされながら逆転するという展開は最近では滅多に見なかったように思います。前半によい内容でも点が奪えず1点でも先制されるともうあきらめるしかないという状態とは明らかに変わっていました。これは精神的な面もあるのかもしれません。この試合は最終的には追いつかれてドローとなりましたがリードされた状態から逆転できたということで自信につながっていけばよいと思います。


 しかし、決定力不足、守備の不安という課題はほとんど改善されていないこともわかりました。清水の活躍は今後に期待がもてるとはいえ、やはりラファエルが抜けたことによる攻撃力は低下とあいかわらずの決定力不足は深刻だと思います。点が取れそうな展開ではしっかりととっておかないと3ポイントは奪えません。守備に関しても不安定なままで、特に自陣で簡単にパスミスをして相手にボールを奪われたり、セットプレーやロングボールなどでのGKとDFの連係や判断の悪さが目立ちました。

 非常に蒸し暑かったせいなのか、対戦相手の神戸も本来の力を出し切った試合ではなく、特に後半は運動量が落ち中盤でほとんどボールを奪えずパスミスが目立っていました。このような調子のよくない相手に勝ちきれないようでは他にどこに勝てるのだろうかと考えてしまいます。ここまで18試合で20ポイントと例年ならぎりぎり残留できそうなペースで来ていますが、とにかく下にいる4チームのうち3チームとはほとんど差がないうえ、いずれ浮上してきそうなガンバ大阪やセレッソ大阪がいるだけに実はかなり危険な状態ではないかと思います。ベルデニック監督には理想を追求するのではなくまずは現実的な戦い方を考えてほしいと思います。


2012 Jリーグ Division1 第18節
2012年7月14日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ヴィッセル神戸 2:2 (1:1)
大宮: 江角 - 村上 (26. 片岡), 菊地, 深谷, 下平 - 東 (77. 金久保), 青木, カルリーニョス, 渡部 - 清水(慎), チョ ヨンチョル (61. 長谷川)
神戸: 徳重 - 奥井, 北本, 伊野波, 相馬 (86. 吉田) - 田中, 橋本, 朴 (59. 森岡), 野沢 - 都倉 (59. 田代) - 小川
得点: 0:1 田中 (20.), 1:1 清水(慎) (26.), 2:1 渡部 (67.), 2:2 田代 (74.)
警告: 清水(慎), 菊地 - 相馬
観客: 9,635人
主審: 扇谷 健司

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:51  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/563-a03f7b7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。