--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2012.08.05 (Sun)

2.ブンデスリーガ 2012/13 第1節 ボーフム vs. ドレスデン

 ツヴァイテリーガの新シーズンがいよいよ開幕しました。シーズン前の練習試合の結果やWEBの記事を読む限りボーフムに関してはシーズンが開幕しても当面は我慢が必要で、怪我人が復帰し新加入メンバーが機能してくると思われるリーグ戦後半に期待したほうがよさそうです。一方で開幕戦の対戦相手のドレスデンはマンチェスターシティと引分けるなどボーフムとは対照的に練習試合では結果を出しています。
 
 ボーフムを応援している私にとってはツヴァイテリーガの開幕は期待よりも不安の方が大きく、正直なところあと1ヶ月くらい先に始まってくれたらよいのになどと考えていましたが、画面に映されたスタジアムの映像を見たらそんな気持ちはなくなりわくわくした気持ちになってしまいました。我ながら実に単純な人間だと思います。
 ボーフムは、4-4-2のフォーメーションで11人のうち6人が新加入や復帰した選手となりました。中でもFWに入ったデディッチは昨シーズンはボーフムでなかなか出番がなくシーズン途中でレンタル移籍したドレスデンで13ゴールを決めてチームに貢献しました。ボーフムに復帰したデディッチがドレスデン相手にどんなプレーをするのか、ドレスデンがデディッチをどう抑えるのかは注目ポイントの1つだったと思います。

 前半からボーフムがドレスデンにプレッシャーをかけ続けほとんどの時間帯はドレスデンゴール前に攻め込む展開となりました。しかし、先制したのはドレスデンで29分にコッホのスルーパスを受けたポテがマルトリッツを簡単に交わしてGKと1対1になりゴールを決めました。ボーフムの守備はとても不安なのですが、このシーンでのマルトリッツのポテに対する緩慢な対応を見る限りはやはり今シーズンもそれなりの失点は覚悟しないといけないようです。
 後半もボーフムが優勢な展開が続き、53分にイアシヴィリのフリーキックからゴレツカのヘディングで同点に追いつきました。ゴレツカはすでにU-17代表では活躍をしている選手で今シーズンのボーフムで最も注目される選手だと思いますがツヴァイテリーガデビュー戦でいきなりゴールを決めるとは、やはり並の選手とは違うものを持っているのかもしれません。その後70分過ぎからはドレスデンがペースを掴むようになりますが、ボーフムはこの時間帯を凌ぎきると85分にイアシヴィリの左からのコーナーキックを途中から入ったフライヤーが左足で決めて、逆転勝利をおさめました。

 不安だらけで迎えた開幕戦でしたが、ボーフムは思った以上によい試合をしたと思います。ちょっとこれまで私は過小評価していたのかもしれません。この試合ではパスをつなぎながらイアシヴィリやデディッチのスピードを生かして相手の守備を崩すことができてました。ただ彼らが作った決定機を最後にしっかりと決める選手がいないのが課題という気がしています。セットプレーに関しては精度の高いキックを蹴れるイアシヴィリの加入は、もともと高さのある選手を多く揃えているボーフムには強力な武器になることを感じました。また田坂はこの試合はゴールには絡めませんでしたが、後半にスルーパスで決定機を作るなど随所で良いプレーを見せていたので、今後周囲との連係が良くなればかなりの活躍をするのではないかと思います。あいかわらず個々のプレーの精度は低いですが少なくてもフンケル監督のころのような単純に前線に放り込んだり個人の突破だけに頼るようなスタイルからは脱却したと思います。問題は守備ですがこればかりは全く改善されていない気がします。

 試合後のデディッチのコメントを簡単にまとめておきます。(ボーフム公式サイト)
「自分はプロ選手なのだから今日はボーフムのために全力を尽くしたし友情への配慮は全くありません。私は完全にVfLに集中しているしここは気分よくできます。内容にばらつきのあった練習試合のあとでこの勝利はとても重要ものですし、ファンの皆さんは私たちのバックについてくれていることを示してくれました。」

 この数年でボーフムの観客数はずいぶん減ってしまいました。もちろん2部に降格したこともありますが、見ていて辛いような退屈なサッカーだったことも原因のひとつだと思います。今の戦力ではすぐに結果は出せないとは思いますが、まず、今シーズンのボーフムにとっては観客が喜べるような試合をしていくことが大切ではないかと思います。


2. BUNDESLIGA 2012/13, 1. Spieltag
04.08.2012, 15:30 Uhr, rewirpowerSTADION, Bochum
VfL Bochum 1848 - SG Dynamo Dresden 2:1 (0:1)
Bochum: Luthe - Rothenbach, Maltritz, Sinkiewicz - Brügmann (67. Chaftar) - Kramer, Dabrowski (73. Freier) - Goretzka (79. Rzatkowski), Tasaka - Iashvili, Dedic
Dresden: Kirsten - Gueye, Savic, Bregerie, Schuppan - Losilla, Papadopuolos (81. Solga) - Koch, Trojan (72. Pepic) - Pote, Fort (61. Ouali)
Tore: 0:1 Poté (29.), 1:1 Goretzka (53.), 2:1 Freier (85.)
Gelbe Karten: Maltritz - Losilla
Zuschauer: 16.191.
Schiedsrichter: Robert Hartmann (Krugzell)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

13:28  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/570-6539ae25

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。