--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2012.09.15 (Sat)

2. ブンデスリーガ 2012/13 第5節 ボーフム vs. 1860ミュンヘン

 今シーズンの1860ミュンヘンは前評判が高く、ヘルタ、ラウテルンとともに昇格争いを展開すると予想されています。特にキャプテンの元ドイツ代表ラウトを中心とした攻撃力の高さはツヴァイテリーガでもトップクラスでそのチーム力は昨シーズン後半の快進撃で証明されています。
 しかし、こと相手がボーフムとなれば話は別で2003/04シーズンにラウトのハットトリックで勝利してからは全く勝てていません。しかも、ボーフムでの試合に限っていえばなんと過去に一度も勝ったことがないという信じられない記録が残っています。今シーズンの両チームの戦力から考えると1860にとってボーフムでの初勝利も期待できたのかもしれませんが、長年積み重ねられたジンクスは簡単に払拭されるものではなかったようです。

 このところフラストレーションの溜まるような試合が続いていたボーフムですが、この試合はキックオフ直後から見違えるようなサッカーを展開します。相手ボールに対して激しくプレスをかけボールを奪うと素早く攻撃に切り替えダイレクトパスがつながる流れるような攻撃を展開します。5分にジャトコフスキのミドルシュート、7分デディッチが左サイドから、12分にはイアシヴィリがゴール正面から次々と惜しいシュートを放ちます。これらはGKのキラーイの好セーブやクロスバーに阻まれますが、次々と波状攻撃をしかけるボーフムのサッカーを見ていると、これは本当にボーフムなのか、そしてどちらが昇格候補のチームなのかという疑問がわきあがってきました。
 前半20分を過ぎたあたりでようやく1860もチャンスを作れるようになり、21分にラウトがペナルティエリア内で粘りフリーとなったトマソフにボールが渡りますがシュートは枠をはずれました。1860にとってはこの最初のチャンスがこの試合最大の決定機でした。

 後半に入るとお互い攻撃的なサッカーを展開したスピード感のある好ゲームとなりました。ただし決定機はボーフムのほうに多く、47分の田坂のシュートはわずかに枠をはずれ、53分、55分に立て続けにデディッチにあった決定機は相手DFの懸命なクリアに阻まれゴールは決まりませんでした。一方の1860もフリーキックをビュロウが頭で合わせますがルーテがセーブして得点できず。結局、スコアレスドローに終わりました。

 繰り返しますが、この試合のボーフムのサッカーは素晴らしいものでした。相手が変わればこれだけ変わるものかと本当に驚きました。こんな試合であれば3ポイント獲得しなくてはもったいないと思いますが、この試合は1860のキラーイが素晴らしかったと言うしかないと思います。このところアーレン、レーゲンスブルクなど守備的な戦術を取ってくる相手には良い面を出せませんでしたが、攻撃的な相手に対しては違うのでしょう。そして相性から来る自信もあるのでしょう。ボーフムは次節は相性が非常に悪いデュイスブルクでの試合です。果たしてどんな試合になるか楽しみです。


2.BUNDESLIGA 2012/13 5.Spieltag
12.09.2012 18:00 Uhr, rewirpowerSTADION, Bochum
VfL Bochum 1848 - TSV 1860 München 0:0 (0:0)
Bochum: Luthe - Rothenbach, Maltritz, Sinkiewicz, Chaftar - Goretzka (86. Ortega), Kramer - Tasaka (90. Freier), Rzatkowski - Iashvili, Dedic (74. Scheidhauer)
1860: Kiraly - Wojtkowiak, Aygün, Vallori, Volz - Bierofka (80. D.Stahl), Bülow - Tomasov (83. Nicu), D.Halfar - Stoppelkamp (64. Blanco) - Lauth
Tore: Keine
Gelbe Karten: Rzatkowski - Tomasov, D.Halfar
Zuschauer: 13.098.
Schiedsrichter: Bastian Dankert (Rostock)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

09:19  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/583-393f77a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。