--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2012.09.29 (Sat)

2012 J-League Division 1 第27節 大宮 vs. 横浜FM

 前節はアウェイでクラブ記録を塗り替える大勝を収めた大宮ですが依然として1部残留に向けて厳しい状況に変わりありません。5得点での勝利は大きな弾みにはなりますがその勢いが本物かどうかはわかりません。この試合では相手が上位の横浜なので今の調子を測るにはちょうどよい試合だと思いました。もちろん勝たなくてはいけない状況であることに変わりはありません。


 前半は最初のうちは大宮がよい形で攻撃を組み立てていました。特に左サイドのズラタンの推進力と右サイドのカルリーニョスのテクニックが威力を発揮し村上のポスト直撃シュートなどあと一歩でゴールという感じでした。残念だったのはパスミスが多かったこと。ワンタッチのパスを多用して崩そうとする試みはよかったと思いますがコンビネーションが必ずしもよくなかったので中途半端にボールを奪われることが多かったと思います。
 横浜は前線でいったん小野にボールを納めて兵藤や齋藤が前に飛び出してくる形の攻撃が目立ちました。特に齋藤のドリブルとゴール前での切り替えしにはなかなかついていけず19分には決定機を作られますが、ここはゴール前で完全フリーだった小野がシュートを枠外にはずし難を逃れました。この時間の大宮は中盤が下がってしまい横浜に自由に攻めさせすぎたと思います。また、攻め込まれたところではシンプルにクリアせず相手のプレッシャーをまともに受けてしまっていました。


 後半開始間もない48分に東のスルーパスを受けてGKと1対1の状態になったノヴァコヴィッチのシュートはクロスバーに弾かれてしまいました。この時間帯はまだ大宮にチャンスがありましたが、63分にズラタンが2つ目の警告で退場となり試合の様相が一変。数的優位に立った横浜が圧倒的にボールを支配するようになり、大宮はほぼ自陣に引きこもらざるを得ない状況になり横浜に次々にシュートを浴びる形になりました。しかし、ここから北野を中心に守備が頑張り辛うじてスコアレスドローに持ち込んだ試合でした。



 数的不利の状況でかなり押し込まれながらスコアレスドローに終わった点については北野をはじめとした守備の奮闘は評価したいのですが、残留争いの行方を考えるとこの試合のドローは大宮にとっては実に痛い結果です。確かに横浜は強いですがこれまでの相性の良さを考えると「3ポイント」を計算しておかないといけない試合だったと思います。予想通り、残留争いをしている他チームはなかなか負けてくれません。
 次節は苦手名古屋とアウェイでの対戦。過去のデータからは勝利を予想するのは難しいですがもはや1つも落とせる試合はなくなってしまいました。もちろん勝利を期待しています。


2012 Jリーグ Division1 第27節
2012年9月29日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 横浜Fマリノス 0:0 (0:0)
大宮: 北野 - 村上, 菊地, 河本, 下平 - カルリーニョス (89. 渡部), 青木, 金澤, ズラタン, 東 (74. 渡邉) - ノヴァコヴィッチ (82. 長谷川)
横浜: 榎本 - 小林, 栗原 (77. 松本(怜)), 中澤, ドゥトラ - 富澤, 熊谷, 兵藤, 中村 - 小野 (88. 松本(翔)), 齋藤
得点: なし
警告: 金澤 - 栗原, 富澤
退場: ズラタン (警告2) (63.)
観客: 11.316人
主審: 福島 孝一郎
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

12:17  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/590-3935775f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。